ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ご近所トラブル解決にコンビニのマルチコピー機

コンビニに必ずあるマルチコピー機。ベースとなっているのは、オフィス向けの複合機ですが、コンビニ向けに機能が強化された独自仕様になっています。コピーやFAXといった基本的な機能に加え、スマホへのスキャン転送や各種証明書などの行政書類の取得、オリジナルコンテンツの印刷なども可能です。


ご近所トラブル解決にコンビニのマルチコピー機

コンビニのマルチコピー機で住民票

昨今は、スマホやタブレットがあればPCすら家にないという人も多く、プリンターを持たない人も増えています。画像や文書ファイルなどは、オンライン経由でコンビニのマルチコピー機から出力できるからです。

もちろん、ネットが利用できなくも、USBメモリ・microSD/SDカード・CD/DVDなどをメディアとして活用できます。スマホ内の画像なら、アプリを使ってWi-Fi通信を行い、プリントしてもいいでしょう。

逆に、コンビニのマルチコピー機でスキャンした画像をスマホへ保存することも可能。どちらもPC不要なので便利です。持ち出した秘密文書をスマホに保存し、現物はさっさと処分するといったことにも使えます。

コンビニの便利さを象徴するマルチコピー機ですが、他にも事前にマイナンバーで登録すると住民票や印鑑証明など行政の各種証明書の発行ができたり、ライブ・映画・スポーツ・高速バスなどのチケット購入ができたりします。

コンビニマルチコピー機のコンテンツ

コンビニのマルチコピー機は、有料コンテンツを印刷できるコンテンツサービス機能も搭載。楽譜や住宅地図、芸能人のプロマイドや各種新聞記事など、さまざまなデジタルコンテンツをダウンロードして印刷できるサービスです。

印刷するコンテンツは、あらかじめオンライン上(セブンは「コンテンツギャラリー」、ファミマやローソンは「コンテンツプリントサービス」)で内容詳細・料金・予約番号が確認可能。コンビニに行き、番号を入力して支払い→プリントという流れになります。

なかでも、ブロマイド・住宅地図・楽譜などに混じって異彩を放つのが「法令書式」の存在です。書き方の解説付きでさまざまな「内容証明」が揃っています。

例えば「ピアノ・工事騒音に抗議」「マルチ商法の契約解除」など。他にも「金銭借用書」「示談書」など、トラブル解決の最初の一手となる書類が1つ200円で入手できます。ご近所トラブル解決の手がかりになるかもしれません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事