ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新幹線の空席を自由席で探すなら偶数号車を狙う

コロナも一段落して、いよいよ旅行に出かけようという人も多いはず。紅葉シーズンも重なり、この時期は新幹線が混み合うシーズンです。新幹線で空席が指定席になく、やむなく自由席の空席狙いで行くという人もいるでしょう。じつは、混雑時の新幹線で空席を自由席を探すなら偶数号車で見つかる確率が高いのでした。


新幹線の空席を自由席で探すなら偶数号車を狙う

新幹線の空席は自由席では偶数号車

新幹線で空席を自由席で見つけるために、ホームに並ぶ人の列の長さをチェックする人が多いはず。「のぞみ」の自由席は1~3号車、「ひかり」は1~5号車。じつは選ぶ車両で、座席数が30席以上も違っています。

新幹線自由席である1号車は運転室があるため座席数が最も少ない車両です。さらに奇数号車は、トイレなどが設置されるため座席数が少ない設計。おのずと空席がある確率は低くなります。

新幹線N700系は運転席とトイレのある自由席1号車の座席数は65席、またトイレがある自由席3号車の座席数は85席です。しかし、トイレなどが設置されていない自由席2号車の座席数は100席。1号車と比べると2倍近い座席数の違いがあります。

新幹線では空席が多い自由席のB席

これが新幹線の空席を自由席で探すなら、偶数号車を狙う理由。偶数号車である2号車は、3号車と比べても10席以上も違うのです。新幹線の空席を自由席で見つける確率が高くなります。

新幹線の自由席は通路をはさんで3席と2席という構成。3席の窓側から「A・B・C」、2席の通路側が「D」、窓側が「E」となっています。このうちB席は、両側を席に挟まれているため、空席で座れるのに避けている人も多いでしょう。

ただし、B席はほかの座席に比べて、シートの幅が広い設計。300系以降、新幹線のB席は幅46cmで、ほかの席より3cm広い設計になっています。N700系で窓側や通路側も少し幅が広がったものの、それでもB席は2cmほど広い座席幅です。

新幹線では空席が多い自由席のB席ですが、スペースだけ考えれば意外に狙い目なのでした。なお、N700系の座席の前後の間隔は普通車1,040mmのところ、1号車と16号車は形状の兼ね合いで1,023mm。新幹線自由席では1号車は絶対に避けるべきといえそうです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事