ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フィリックスガムの当たりは包装紙で判別できる

包装紙のフィリックス・ザ・キャットが目印の当たり付きフーセンガム「フィリックスガム」。フィリックスガムは当たり付き駄菓子の草分け的な存在です。そんな駄菓子の当たり判別法は印刷のズレを探すのが基本になります。ただし、フィリックスガムの当たりは包装紙の「巻き」で判別できました。


スポンサーリンク
フィリックスガムの当たりは包装紙で判別できる

フィリックスガムの当たりは仲間外れ

当たり付きガムの王道が、丸川製菓の「フィリックスガム」です。イチゴ味のフーセンガムは40年以上も前から価格据え置きの1個10円。当たりの紙が入っていれば、もう1個もらえるシステムも変わっていません。

フィリックスガムの当たりは“仲間外れの法則”で攻略できました。当たり付きのお菓子は、当たりの紙を封入したり文字を印刷したりするため、製造ラインが異なっていることがほとんどです。

このため、ほかの製品との仲間外れを探すことで、当たりが見つかるというわけ。フィリックスガムは「あたり」と書かれた紙がパッケージ内に封入されているタイプであるため、その例に漏れていませんでした。

フィリックスガムのハズレにはズレ

フィリックスガムは1箱に60個が入っており、そのうち5個が当たりとなっています。このうち、本体裏側の包装紙の接着が荒く、曲がって付いており、はみ出しが多いのがハズレです。大多数のハズレは、包装紙の接合部があからさまにズレて飛び出していました。

一方、当たりは赤い包装紙がズレなくキレイに巻かれているので、ひと目で分かるでしょう。きちんと巻かれている5個が当たりでした。

ただし、姉妹品の当たり付きガムには、1箱に複数の包装紙があるタイプがあります。この場合、製造ラインがたくさんありすぎて“仲間外れの法則”は通用しません。当たりを確実に狙うとしたら、手を出してはいけないアイテムとえいます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事