ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

体を冷やす食べ物で最も効果的だったのはバナナ

一般的に夏に採れる野菜や果物は体を冷やすといわれます。キュウリ、ナス、トマト、スイカなどが代表例です。また、産地が南国のもの、バナナやコーヒーなども体を冷やす効果があるといわれます。はたして、体を冷やす食べ物で本当に効果のあるのはどれなのでしょう?



スポンサーリンク
体を冷やす食べ物で最も効果的だったのはバナナ

どれが体を冷やす食べ物かを実験

そこで「キュウリ・麦茶・コーヒー・バナナ」で、どれが最も体を冷やす食べ物かを実験してみました。実際に体を冷やす食べ物を食べてみて、その前後の温度を比較するのです。

実験には、サーモグラフィを使用。気温26度の室内で実験前、食べた直後と5分後にそれぞれ測定して体温の変化を調べました。

まずはコーヒーから。飲んだ直後は体温が下がったものの、カフェインの影響か5分後に0.9度上昇。ただし、体感温度としては下がったように感じられました。

最も体を冷やす食べ物がバナナ

キュウリは、結果的に0.4度体温が上昇。カロリーを蓄えた分、体温が上がったと考えられます。とはいえ、キュウリの水分による清涼感は抜群でした。

麦茶は飲んだ瞬間に体温が1度ダウン。さらに5分後も変わらず-1.1度をキープ。体温を下げるのに大変、効果が高いようです。

そして、最も体を冷やす食べ物になったのがバナナ。食べてすぐ2.4度も下がりました。その後もダウンした体温キープ。かなりの清涼感が得られました。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。

■「食べ物」おすすめ記事
体を温める食べ物は6Pチーズが効果的だった

■「冷やす」おすすめ記事
熱さまシートが最優秀!冷却ジェルシート比較
冷却スプレーならシャツクールの持続力が一番
冷却スプレーで炎天下の車内をクールダウンする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。