ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

納得の行かない交通違反で違反キップを切られたとき、サインを拒否するとどうなるのでしょう? パトカー内ではサインの強要をされることもあるといいますから、実際の手続きを知っておきたいところです。交通違反キップをサイン拒否したらどうなるかを解説します。


スポンサーリンク
交通違反キップをサイン拒否したら?

署名は交通違反を認めたこと

身に覚えのない取り締まりで、警察から「違反キップにサインしないと裁判で面倒なことになるよ」といわれた時、どうすればよいのでしょうか? 一口に違反キップといっても、大きく2種類あります。いわゆる「青キップ」と「赤キップ」と呼ばれるものです。

交通違反のうち軽いものを「反則行為」と呼び、通告に従い一定期間中に納付書に書かれた所定の金額(反則金)を納付すれば手続きは終了。この納付書と一緒に渡される「交通反則告知書」が青キップです。

一方、反則行為に収まらない重い交通違反を「非反則行為」と呼びます。その時に渡される用紙が赤キップです。赤キップの正式名称は「交通切符告知票」といいます。

交通違反の青キップと赤キップ

交通違反に不服なら拒否してもよい

まず否認すれば不起訴率が高いといわれる青キップの場合。キップに署名をすると当然、違反を認めたことになり、反則金の仮納付書を渡されます。取り締まりに不服なら署名を拒否することは可能です。その場合は、交通裁判所にて潔白を主張して行くことになります。

そして、赤キップの場合。こちらも不服ならサインを拒否可能。後日、検察庁へ出頭要請が来るので出頭することになります。略式裁判に応じるようにいわれても、正式裁判に持ち込む意志を伝えると帰され、後日の呼び出しを示唆されるようです。その後、半年以上出頭要請が来なければ不起訴の可能性もあります。

要するに、交通違反のキップへのサインは違反を認めるということ。交通違反に不服なら拒否してもよいのです。もちろん、交通違反をした認識がある場合は素直に取り締まりに従いましょう。


スポンサーリンク

交通違反キップを「切る」理由とは

ところで、青キップや赤キップの「違反キップ」は、なぜ「切る」と表現されるのでしょうか? 実は、取り締まりに使う書類が5枚くらいで1綴りになっていて、その1枚目をピッと外して違反者に交付するところからきています。

そして、その1枚目の書類はスピード違反の場合、一般道なら超過速度が30km/h未満、高速道では40km/h未満だと青色、一般道で30km/h以上、高速道で40km/h以上だと赤色になっているのでした。

青キップは反則金、赤キップは罰金を支払うことになりますが、これ以外に違反点数が付きます。スピード違反の違反点数は赤キップだと6点、一般道でも高速道でも超過50km/h以上は12点です。処分歴0回の運転者でも6点なら免許停止は30日、12点なら90日となります。つまり、赤キップは一発で免許停止処分になるわけです。

交通違反で警察官が温情をかける

「一般道で時速30km以上の赤キップの速度違反で捕まったにもかかわらず、29kmオーバーの青キップとして見逃してもらった」というように、交通違反で警察官に温情をかけてもらった話を聞いたことがあるでしょう。

赤キップの速度違反は違反点数が6点のため、行政処分の前歴がなくても30日の免許停止となります。時速29kmの超過なら違反点数3点の青キップ。反則金は払うものの、免許停止は逃れられるわけです。

しかし、ある警察官はよれば「少し違反を甘くしてあげた方が、違反者も納得してサインをしてくれることもあります」とのこと。交通違反に対する温情と思いきや、本当は取り調べをスムーズにするための手段ということもあるのです。


スポンサーリンク

交通違反キップに素直にサインさせる

「いろいろいますが、特に子どもがまだ小さく免許停止になると仕事ができなくなるとか、身内のことで急いで病院に行かないといけなかったなどと泣き落としをしてくる違反者が最も厄介ですね」とのことです。

「いくつかの違反(シートベルト、スピード違反、右左折禁止など)をした方で反省しているなと思った違反者に対しては、一発免停にならないように考慮し、甘くしたことは何度かありました」とも話してくれました。

別の元交通機動隊員は「昔はアナログの針式だったので『右から見てみなさい』と、例えば法定速度60kmの一般道で時速90km出した違反者をギリギリ時速89kmにして青キップで取り締まることもありました」と話します。

ただし「それは相手に得させた気にさせて素直にサインさせるため」とのこと。警察官の温情は、交通違反キップに素直サインさせるためだったのです。

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事