ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番大事なことは、同じ製造ラインのものを集めて見比べることです。


チョコボールのエンゼルを見分ける方法

チョコボールの当たりは季節限定が常道

当たりといえば「チョコボール」ですが、狙い目は季節限定の新商品。ピーナッツやキャラメルなどの定番商品は、当たりとハズレが区別しにくくなるようにパッケージの印刷を工夫しているからです。

しかし、季節限定のチョコボールの場合は、当たりとハズレを区別しにくくする手間をかけていません。このため、季節限定のチョコボールは印刷の違いを見極めて当たりを判別するのが常道です。

具体的には、定番商品はパッケージ印刷工程において何ラインか用意されているため、パッケージも複数に渡り見分けるのが困難。一方、季節限定商品は1ラインのみのようで、印刷の違いを区別しやすいのです。チョコボールの当たりが高確率で狙えます。

銀のエンゼルの見分け方で大事なこと

お菓子の超定番「チョコボール」。何種類ものシリーズが出ていますが、ここでは、いちご味のウィンターバージョンをピックアップして、銀のエンゼルの当て方を検証します。

まず、チョコボールシリーズで銀のエンゼルを見分け方で1番大事なことは、同じ製造ラインのものを集めること。というのも当たりは製造ラインごとに異なるからです。

また、ウィンターバージョンなどの季節限定版では、デザインのバリエーションも確認する必要があります。いちご味のウィンターバージョンでは、5種類のパッケージデザインを確認しました。

チョコボールでエンゼルを当てる


チョコボールの当たりで銀のエンゼル確率

製造ロットは側面にプリントされています。今回は、製造番号CB7で、5つのデザインバリエーションからマフラーを巻いて帽子を被ったパッケージのものをチョイスしました。

その当たりとはずれを見比べると、裏面にわずかな違いがあったのです。製造番号CB7のパッケージデザインの場合、まず裏面にある「あけくち」の上部にある矢印に注目。先端が、黄色がかっていれば銀のエンゼルの確率は約80%。青味がかっていればはずれです。

また、同じく裏面の真ん中部分も見てみましょう。「名称」と書かれた枠の黒線の上に隙間があり、緑のラインが入っていればはずれですが、ほとんど隙間がなければ銀のエンゼルの確率はさらに高くなります。

なお、チョコボールの実際に箱買いして銀のエンゼルが当たる確率を検証したところ、銀のエンゼルは20個入りのケースに各1個ずつ入っていました。ただし、ケースによってはゼロの場合もあれば複数の場合もあります。

すなわち、チョコボールの銀のエンゼルの確率は基本的には「20分の1」「5%」ということです。当たりの見分け方をマスターして、さらに確立を高めましょう。

レギュラーのチョコボールの見分け方

チョコボールの当たりレギュラーの見分け方

一方、ピーナッツ・キャラメル・いちごのレギュラーのチョコボールのエンゼルを見分けるには、注意すべき点があります。まず、レギュラーのチョコボールはメーカーの工場における紙箱の印刷ラインが複数存在していることです。

このため、当たりハズレと関係なく紙箱によって色味や印刷のズレが生じています。それゆえ、レギュラーのチョコボールのエンゼルを見分けるもう1つの注意点は、印刷ラインごとに異なっていることです。

そこで必要になるのが、自分が買おうとしている製品が、どの印刷ラインのものかを見極めて分別する作業になります。チョコボールの印刷ラインの違いは、パッケージ側面のビニールに押印されている英数字から判別可能です。

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは


チョコボール当たりの銀のエンゼル印刷の違い

例えば、編集部が購入したチョコボールのピーナッツの場合は「AA8」と「BA8」の2種類が存在。まずはこの2つのグループ分けをすることが、チョコボールでエンゼルを見つけます。そして、このグループ分けしたチョコボールのパッケージから、仲間外れを探していくのです。

グループ分けしたら従来通り、エンゼル箱とそうでない箱の間に生じている印刷の違いを探す作業に入ります。同じグループであるにもかかわらず、印刷に違いがある「仲間外れ」の箱を探すことで、エンゼル判別の足掛かりを見つけるのです。

実際は印刷ラインごとにエンゼルの箱の印刷の違いは異なりますが、今回検証したチョコボールのピーナツでは、キョロちゃんのくちばし横に付着したゴミがないのがエンゼルでした。また、キャラメルでは、食品表示の仕切り罫線が上部の文字との距離が近いが当たり。ハズレはすき間が空いていました。

チョコボールの当たりにダミーの存在

チョコボールの当たりの見分け方が世に広まったことで、メーカーも対策を始めます。当たりと誤認させる「ダミー」のパッケージを封入するようになったことです。

ダミーとは、メーカー側がチョコボールの当たりの見分け方の対策として意図的に封入してくる、エンゼルが描かれていないパッケージのこと。他の多数のはずれと違いがあるため、当たりと誤認しやすいのです。

すなわち、チョコボールの当たりの見分け方は、単にグループ分けして仲間外れを見つけるだけではダメ。ダミーが存在することを認識したうえで、仲間外れを探していかなければならないのです。


チョコボールの当たり期間限定味の見分け方

さらに、2021年10月発売のチョコボールの期間限定味「火星風チョコビス」の当たりの見分け方を検証しました。その結果、パッケージ背面に印刷されているキョロちゃんに違いを発見しました。

具体的には、羽をパタパタさせているキョロちゃんの手の先に空を切るエフェクトとして水色の曲線がありますが、これと羽の先が濃くなっているものが銀のエンゼルでした。

チョコボールの当たりの見分け方としては、水色の曲線とキョロちゃんの手先が重なる部分に注目。インクが薄いのがハズレで、濃いのがアタリでした。

もう1つの当たりの見分け方は、マクロレンズで拡大しないと分かりづらいものです。曲線の外側が濃いのがハズレで、薄いのがアタリという傾向も見られました。

期間限定チョコボールの「銀のエンゼル」攻略法

■「チョコボールのエンゼル」おすすめ記事
チョコボールはエンゼル対策でダミーが存在する
チョコボールのエンゼルを狙うなら期間限定商品
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる

■「当たり」おすすめ記事
よっちゃんイカは切り口の長さで当たりがわかる
よっちゃんイカの当たりを印刷で判別する方法
ペプシスペシャルゼロカロリーの当たりを見破る
当たりが見える!デコリッチミニプリンチョコ
マルカワのフーセンガムの当たり攻略マニュアル
どんぐりガムの当たりを印刷の違いで完全攻略
「ヤッターメン」で儲けるための傾向と対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事