ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

スピード取り締まりは大きく有人式と無人式に分けられます。そして、無人式で路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反者を自動撮影するのがオービスです。このオービスの速度違反は、じつは車線をまたいだ状態で撮影されると捕まらないという噂があります。


スポンサーリンク
オービスの速度違反は路線をまたぐと測定不能?

オービスの速度の誤測定を争う裁判

高速道路や一般道路に設置された無人式の自動スピード取り締まり装置が「オービス」です。以前は、オービスには10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」が主流でした。

しかし近年、主流となっているのはレーダー波を使わずに、道路に埋め込まれたループコイルによって測定する「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

そんなオービスに関して、10年以上前は速度の誤測定を主張して争う裁判がよくありました。その裁判に「オービスの専門家」として証人出廷したメーカー社員が、こんな証言をしたことがあります。

オービスでは速度が判定しづらい

「違反車両が写真の真ん中から大きく外れ、隣の車線との間の白線を跨いでいるような場合、警察が立件しないこともあるようですね」。

警察は、裁判でうるさい弁護人から突っ込まれることを嫌い、判定が面倒な写真はボツにすることもあるらしいとか。ただし、本当にボツにしているかどうかは現時点では判明していません。

たしかに原理的には、車線真ん中の白い破線上を走行するとオービスでは速度が判定しづらいかもしれません。もちろん実行は禁止です。


スポンサーリンク

オービス速度違反の測定値の信用性

オービスの速度測定違反に関して「そんなスピードは出してない」と争うケースがあります。実際の裁判でオービスの速度違反の測定値の信用性を検察はどのように立証するのかを見ていきましょう。

オービスの速度違反の信用性の立証は、どの裁判でも決まりきったパターンになります。オービスのメーカーの社員を証人として呼び出して証言させるのです。具体的な証言は次のようなものになります。

「測定の誤差はございます。誤差の範囲はプラスマイナス2.5%。そこで、生のデータに0.975を掛けたものを測定値とし、かつ小数点以下を切り捨てます」と説明。誤差の範囲はプラスマイナス2.5%ということは速度が2.5%プラスに出る可能性があります。

そこで、あえて生のデータに0.975を掛けることでプラスに出ないように調整。さらに小数点以下を切り捨てることで、より速度が低く出るようになっていると説明しているわけです。

オービス速度違反は最大5%の誤差

すなわち、オービスの速度違反の測定値は実際の速度と同じか最大で5%低く、かつ約1km/h低く表示される誤差があるということ。速度がプラスに出ないように、あえて5%の誤差を設定しているわけです。

オービスの速度違反を争う裁判で、メーカーの証人は必ず「測定が終わると同時にタイマーを作動させ、測定地点(測定終了から数m先)へ車両が到達した時にカメラがシャッターを切ります。測定地点には印(小さな白線)があり、車両の先端がそこへ差しかかった時に撮影します」と付け加えます。

「本件の写真はちょうど撮影地点で撮影されておりますので、測定値は正確だったといえます」と証言。もし実際の速度違反がオービスの測定値より遅ければ、撮影地点より手前で撮影されることになっているはずというわけです。(文/今井亮一)

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
新東名のオービスは門型支柱上に設置されている
新東名のオービスが設置されるポイントとは?
首都高オービス!品川線の遭遇ポイントはココ!!
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
レーダー式オービスは昔ながらの取り締まり装置
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事