ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネット系

ネット通販のお得なテクニックから無料のウイルス対策まで、楽しく安全にインターネットを楽しむノウハウが詰まっています。

→[ネット系]ランキングはこちら

離婚届ほか「メルカリの闇」売れる意外アイテム

不用品を処分できて欲しいモノが安価に手に入るとフリマアプリ「メルカリ」が人気です。大量の商品が出品されているメリカリでは、ゴミにしか見えないものでも、意外と売れるのが面白いところ。そこで、メル[…続きを読む]

Amazonでレビュー「二極化」の商品が危険な理由

商品そのものを手に取って吟味ができないネット通販で、唯一参考になるのがユーザーレビューです。しかし、ネット通販最大手「Amazon」には、自社商品をベタ褒めする「さくらレビュー」が蔓延していま[…続きを読む]

裏アカウントを発見する情報収集テクニックとは

ツイッターなどのSNSは匿名性が高く、多くのユーザーが本アカウントとは別の裏アカウントを取得して、密かに本音をつぶやいているようです。また、昔ながらのブログも裏アカウントで開設して、他人の悪口[…続きを読む]

Netflixで「大人向け作品」を裏コードで見つける

映画・ドラマ・アニメと、クオリティの高いオリジナル作品が充実している有料動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」が人気です。作品数は非公表ながら、10万本前後の作品が勢ぞろい。そ[…続きを読む]

YouTubeにテレビごと撮影した動画が上がる理由

YouTubeが100億円以上かけて構築した、著作権を守るための監視システムが「Content ID」です。Content IDによって、違法アップロードはかなり減ってきています。とはいえ、今[…続きを読む]

SNSの投稿写真から個人情報はどう特定される?

SNSの投稿写真には、個人の特定に使える情報が詰まっています。例えば制服姿の写真。顔を隠していても、制服から学校を突き止め、個人を特定できることがあります。また「近所」などの文章と併せて投稿さ[…続きを読む]



Amazonプライム・ビデオをダウンロードする方法

「Amazonプライム・ビデオ」は、最新映画やオリジナル番組が充実してきており、動画目当てで会員になっても元が取れるレベルです。しかも、アプリを使うとスマホやタブレットに動画をダウンロードが可[…続きを読む]

Amazonで「取扱注意アイテム」売られている理由

今やネット通販といえば「Amazon」を思い浮かべる人が多いでしょう。Amazon自らも「地球上で最大級の品揃え」と宣言しているだけあって、ありとあらゆる商品を取り扱っています。そんな中、日本[…続きを読む]

ツイッターやインスタからの情報漏洩を防ぐ設定

ツイッター・Facebook・インスタグラムは個人情報の収集に役立つ一方で、自分の個人情報を全世界にばらまいている危険もはらんでいます。この危険を取り除くには、公開範囲の管理が重要。非公開設定[…続きを読む]

YouTubeで旧作ドラマが削除されず残っている理由

YouTubeで安定して再生回数を稼ぐためには、旧作ドラマや古いバラエティ番組など過去のテレビ番組の動画が狙い目といいます。というのも、昔の番組はYouTubeの著作権監視システムにデータが存[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]