ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした

普通のデジカメに赤外線フィルターを装着するだけで透視撮影ができるかトライしてみました。ちなみにセンサーは、C-M0S方式よりも従来からあるCCD方式の方が赤外線によく反応します。今回はCCD方式のデジカメに赤外線フィルターを装着して透視撮影に挑戦しました。


スポンサーリンク
赤外線フィルターを使った透視撮影に挑戦

赤外線フィルターをレンズに装着

赤外線撮影をするためには、真っ黒い赤外線フィルターをレンズに装着しています。これにより可視光線をカットして、赤外線だけを透過。カメラのセンサーに反応させて赤外線画像にします。

なお、赤外線フィルターにはレンズ装着型と「IR76」でおなじみのフィルム型があります。また、内部のセンサーには赤外線を除去するIR(赤外線)カットフィルターがあり、センサーに届いた通常の撮影では不必要な赤外線の光量を減少させています。

これでは赤外線撮影はできませんが、カメラによっては赤外線カット機能が弱く、赤外線感度が高い機種があり、赤外線撮影が可能です。機種によって大きな差があるのです。

太陽光の元で赤外線フィルター透視

また、センサーはC-M0S方式のカメラよりも、従来からあるCCD方式の方が、赤外線によく反応します。少し古めの機種や安価な機種の方が赤外線フィルターによる撮影には適しているのです。

ニコン「D40」はセンサーがCCD仕様のため、赤外線領域での感度がよいのが特徴。真っ黒な赤外線フィルター、ケンコーの「PRO1Digital R72」を装着して撮影してみました。

モデルは身体にフィットしたピンクのTシャツを着用。屋外で太陽光の元、赤外線フィルターを装着して撮影すると、胸元に下着のラインが表れたのです。


スポンサーリンク

赤外線フィルターで可視光線カット

赤外線フィルターを使った透視撮影は赤外線の特性を利用した撮影方法です。可視光線とは人間の目に見える太陽光線。太陽光線には人間の目には見えない紫外線や赤外線が含まれています。

目には見えないものの、カメラでは捉えられるのが赤外線です。可視光線よりも波長が長い赤外線は直進性が高く、衣服を貫通して肌の表面で反射します。この反射した赤外線だけを撮影するわけです。

このため、透視撮影をするためには真っ黒い赤外線フィルターをレンズに装着して行います。これによって可視光線をカットして赤外線だけを透過。カメラのセンサーに反応させて赤外線だけの画像にするわけです。

赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした

赤外線フィルター撮影は古めの機種

ここで忘れてならないのは、カメラ内部のセンサーには赤外線を除去する赤外線カットフィルターがあること。通常の撮影では不要な赤外線の光量を減少させるようにセットされているのです。

そこで、赤外線フィルターを使った撮影では、赤外線カット機能が弱く、赤外線感度が高い機種を透視撮影では使用するのです。また、センサーはC-M0S方式のカメラよりも、従来からあるCCD方式の方が赤外線によく反応します。このため、少し古めの機種や安価な機種の方が赤外線フィルター撮影には適しているのです。

なお、被写体の承諾なしに透視撮影をしたり、公共の場で暗視撮影をすると法律や条例に抵触する恐れがあります。赤外線フィルター撮影は同意の上で行って下さい。


スポンサーリンク

赤外線フィルターで暗視撮影も可能

目に見えない赤外線は暗視撮影にも利用可能です。夜間、赤外線フィルターを付けた投光器で被写体に赤外線を当てて周囲を明るくします。明るくするといっても赤外線は人の目にほとんど見えないので、被写体にはまず気づかれません。

このため、赤外線フィルター撮影ができるカメラなら、暗がりにいる動物など何をしているのか、バッチリ写せるわけというわけ。赤外線フィルターをストロボに装着して赤外線のみを発光させる方法もあります。

赤外線撮フィルター影の画像は色のないモノクロ。ただし、可視光線の下でモノクロ撮影した画像とは光の反射が異なるため独自の仕上がりです。また、赤外線フィルター撮影は絵画に隠れた文字や下絵を見るためにも利用されています。

■「赤外線」おすすめ記事
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする

■「透視」おすすめ記事
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事