ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反から逃れる方法を白バイ隊員が伝授

「坂落とし」というのは警察の隠語。一般には知られていませんが、下り坂でのスピード違反の計測は正確性に欠けることを意味します。このため、スピード違反の取り締まりでドライバー側がこの用語を持ち出すことで諦めてしまうこともあったようです。白バイ隊員がそっと教えるスピード違反取り締まりから逃れる方法を紹介します。


白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術

スピード違反を逃れる方法に坂落とし

白バイ隊員によれば、スピード違反で取り締まった時にドライバー側が「坂落とし」を出すと諦めてしまうこともあったそうです。逆に1980年代には、ネズミ捕りの時に坂落としでスピード違反をジャンジャン捕まえていたエピソードも聞くといいます。

しかし「今は皆無かと思います。私は例えば、東京・芝浦からお台場方面のレインボーブリッジで、長いカーブを登りきった後のスピードを出しやすい直線距離で、下り坂に差し掛かる前に計測して捕まえています」。

下り坂でのスピード計測は正確性に欠けるもの。そんな時は「坂落とし」の用語が警察の言い逃れに効くかもしれません。取り締まりがあまりに理不尽だと思ったら、スピード違反を逃れる方法としてこの用語を使ってみるのもよいでしょう。

スピード違反取り締まり以外の言い逃れ

スピード違反以外にも、歩行者等妨害を不起訴にする言い逃れワザがあります。歩行者等妨害は、交差点で歩行者の通行を妨害したとみなされるクルマを取り締まることです。

交差点は歩行者が優先なので特に注意したいポイント。しかし、歩行者を優先したにもかかわらず、違反を問われたらこんな言葉で反論すると効くかもしれません。

すなわち「妨害されたという被害者が訴えを起こさないのはおかしい」と頑なに突っぱねるというわけ。ただし、警察官が2名以上いる場合は証人となってしまうので100%違反を逃れる方法ではありません。

突っぱねるときも「歩行を妨害した覚えはない」「歩行者が携帯電話に触れてて勝手に足を止めただけではないか?」など、意思を固くして挑む必要があります。ただし、違反したと認識した時は素直に取り締まりに従いましょう。


スピード違反取り締まりのキップの色

スピード違反で捕まった体験談として「赤キップを見逃してもらった」話を聞いたことがあるでしょう。本来は時速30kmオーバーのスピード違反のところ、時速29kmオーバーの青キップにしてもらったというものです。

スピード違反の中でも軽微なものは反則行為と呼ばれ、一定期間中に納付書に書かれた反則金を払えば手続きは終了します。このとき渡されるのが、いわゆる青キップ。正式には交通反則告知書です。

一方、一般道で時速30km以上オーバー、高速道で時速40kmオーバーなどの重いスピード違反には、赤キップと呼ばれる交通切符告知票が渡されます。赤キップは刑事罰として前科が付くもの。交通裁判所に呼び出されて裁判を行います。

スピード違反を逃れる方法ではない

スピード違反で、一般道で時速30km以上オーバーは本来なら赤キップ。それを29kmオーバーの青キップのスピード違反として見逃してもらったという話です。白バイ隊員によると、スピード違反の測定に使うストップメーターが今はデジタル式になり、そういうことはありませんといいます。

ただし、以前はスピード違反の測定がアナログの針式だったので、右から見ると低い数字に読み取れることもありました。とはいえ、それは相手に得させた気にさせて素直にサインさせるためというのです。

すなわち、スピード違反で温情をかけることはありましたが、それはあくまで素直にサインに応じさせるため。スピード違反を逃れる方法というよりも、ドライバーがゴネないようにするためのテクニックなのでした。


スピード違反で白バイ隊員がネズミ捕り

スピード違反の取り締まりには、いわゆる「ネズミ捕り」がよく知られています。ネズミ捕りは、警察官が連携して行う有人式スピード違反の取り締まり。ネズミ捕りのスピード違反の取り締まりは所轄の交通課に加えて、交通機動隊の白バイ隊員も神出鬼没で実施するので対処も困難です。

そんなスピード違反取り締まりのネズミ捕りには、光電式とレーダー式が存在。このうち、光電式のネズミ捕りでスピード違反の測定速度が異常に高いと感じた時には、誤測定の可能性があることは覚えておいて損はありません。

光電式のネズミ捕りは、送受光器と反射器を道路に垂直に3m間隔で設置。スピード違反の速度測定は、送受光器と反射器の間を往復しているレーザー光を、前輪のタイヤが遮る時間差から割り出します。

スピード違反取り締まりの言い逃れ

わずか3mを走行する時間の測定だけに非常に高い精度を要求されるため、光電式のネズミ捕りは道路上に凸凹などがあると正しく計測できません。1つめのレーザー光を遮ったポイントと2つめのポイントが違っていると、正確な速度測定ができないからです。

また、ピッチングによる上下動があっても速度測定は不正確になります。だからこそ、光電式によるネズミ捕りのスピード違反で自分が思っている以上に測定速度が高い時は、誤測定の可能性があるということ。スピード違反を言い逃れできる可能性もあります、その旨をしっかり取り調べ係の警察官に話すべきでしょう。

もちろん、明らかに制限速度を超えたスピード違反であれば、素直にサインしなければなりません。スピードの出しすぎには十分に注意しましょう。

■「白バイ隊員」おすすめ記事
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
白バイが月末に躍起になって動いていたら要注意
白バイ隊員がこっそり教えるセコイ交通違反狩り

■「スピード違反」おすすめ記事
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事