ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

高速道路は覆面パトカーの絶好の取り締まり現場。高速道路では一般車を装った覆面パトカーが、違反車が来るのを息を殺して待っています。そこで、取り締まりに遭遇しないための覆面パトカーの見分け方や取り締まりの手順を詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

覆面パトカーの取り締まり手順

後方から勢いよく飛ばしてくる違反車といかにして巡り合うか…それが高速道路における覆面パトカーの取り締まり手順。第1通行帯を走る大型トラックの前を隠れながら80km/hくらいで走ったり、本線を見下ろせるパーキングエリアに止めて、違反車がやって来るのを待つのです。

しかし、違反車が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更はせず、第1通行帯を走りながら違反車との距離を詰めていくとか。違反車は真後ろから追い上げてくる、自分より速いクルマには敏感だからです。

違反車を追尾距離に捕らえたら、追い越し車線に入り、真後ろに付いて速度を合わせて測定開始です。違反車は130km/hや140km/hを出しているので、200mの追尾も毎秒35m以上進みますから、6~7秒もあれば測定は完了します。

覆面パトカーの簡単な見分け方

高速道路は各車がバラバラに走っているように見えて、実は集団を形成しながら走っているもの。覆面パトカーはその集団に紛れています。そして、集団を抜け出そうとするクルマや、後方から追い付き抜いていく違反車を取り締まるのです。

ただし、違反車のいない集団もあります。そんな時は一旦、パーキングエリアに入ってリセット。次の集団が来るのを待って合流します。パーキングエリアの出口付近に、覆面パトカーが止まっているのはこのためです。

覆面パトカーの簡単な見分け方は、追い抜くクルマの車内をよく見ること。青い制服の隊員が2人乗っていたら交通取り締まり用の覆面パトカーです。

知識があるドライバーは横に並んだ瞬間にこちらを見て、アクセルを抜きそのまま下がって行くか、速度を落としてゆっくりと第1通行帯へ入っていきます。


スポンサーリンク

覆面パトカーはルーフに大きなフタ

覆面パトカーの交通取締用四駆車は、白黒パトカーの交通取締用四駆車と同じ3,000ccモデルです。ひと昔前の覆面パトカーにあった外観のチグハグさはなくなって、一般車との見分け方が難しくなっています。

交通違反専門の交通機動隊員の運転技量は非常に高く、覆面パトカーに狙われたら最後。あっという間に追尾・測定されてしまうでしょう。スピード違反のキップが切られることなります。

そんな覆面パトカーの外見的特徴は、ルーフの真ん中から電動で出てくる反転式の赤色灯。そのため、覆面パトカーのルーフの真ん中には大きなフタがあります。これがあるかないかが覆面パトカーの見分け方です。

エンブレムがないのは覆面パトカー

ただし、覆面パトカーのルーフのフタは運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは確認できません。それとグリル内に2つの前面警光灯を隠しており、スピード測定の際はこれを光らせてきますが、潜伏中は覆面パトカーの外観から見分けることは至難のワザです。

ただし、180系と200系クラウンの場合、トランクリッドにグレードエンブレムがない場合は、覆面パトカーの可能性が大です。

一方で、覆面パトカーと見破られることを嫌った現場では「RoyalSaloon」のエンブレムを貼り付ける擬装行為が頻発しています。エンブレム有りの覆面パトカーが存在するので注意しましょう。


スポンサーリンク

捜査用の覆面パトカーは刑事の足

覆面パトカーには警察ドラマでもおなじみの、刑事たちが使う捜査用もあります。正式には「私服用セダン型無線車」と呼ばれるもの。刑事たちの足代わりなので、交通取り締まりは行いません。

捜査用の覆面パトカーの特徴は、車種がトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多いことです。どちらかというと一般車に紛れ込むことが大切だからでしょう。

ただし、トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった交通取締用の覆面パトカーと同じ車種を、捜査用として導入している警察本部もあります。こういった場合は、覆面パトカーを見極めるテクニックが必要です。

捜査用の覆面パトカーはマグネット式

捜査用の覆面パトカーはマグネット式の赤色灯を車内から手でルーフに載せるのが特徴。助手席側から載せる場合が多いので、左側に寄ることになります。交通取締用の覆面パトカーのようにグリル内に前面警光灯は装備していません。

捜査用の覆面パトカーは緊急時は電源コードをバタつかせながら走ることがほとんど。なかには電源コードをしっかりと固定している覆面パトカーもありますが、レアケースといえるでしょう。

なお、警視庁管内には交通課配備のトヨタ・ハイエースの覆面パトカーがあります。単なる輸送車ではなく、スピード以外の交通違反をガンガン取り締まってくるとか。赤色灯を常時おでこに付けていますが乗用車のルームミラーには映りにくいため、見分けにくい覆面パトカーといえるでしょう。

【PR】大切な愛車をこれ1台で守れる!簡単セキュリティーキット

■「覆面パトカー見分け方」おすすめ記事
覆面パトカーの見分け方はルーフ上にあるフタ

■「覆面パトカー」おすすめ記事
覆面パトカーが張り込みに使われることはない
覆面パトカーは大型トラックの前で身を潜める
覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用

■「パトカー」おすすめ記事
パトカーは自動車警ら隊と所轄で違っている
パトカーの見分け方!同じ車種でまったく違う!!

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事