ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

高速道路は覆面パトカーの絶好の取り締まり現場。高速道路では一般車を装った覆面パトカーが、違反車が来るのを息を殺して待っています。そこで、取り締まりに遭遇しないための覆面パトカーの見分け方や取り締まりの手順を詳しく見ていきましょう。覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内にあります。そのほか、車種や外見的特徴などの覆面パトカーの見分け方も見ていきましょう。


覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内


覆面パトカーの見分け方に高速取り締まり手順

覆面パトカーの見分け方では、その取締り手順を知っておくことが大切です。通常では見られない特定のパターンで動く車両を発見したら、それは覆面パトカーかもしれません。取り締まり手順からわかる覆面パトカーの見分け方を紹介しましょう。

後方から勢いよく飛ばしてくる違反車といかにして巡り合うか…そんな高速道路における覆面パトカーの取り締まり手順が覆面パトカーの見分け方になります。第1通行帯を走る大型トラックの前を隠れながら80km/hくらいで走っているかは覆面パトカーの見分け方の基本です。

また、本線を見下ろせるパーキングエリアに止めて、追い越し車線から違反車がやって来るのを待っているかも覆面パトカーの見分け方。違反者を待ち伏せするような動きをするかどうかが、覆面パトカーの見分け方になるということです。

違反車が追い越し車線を飛ばしていっても、すぐに車線変更はせず第1通行帯を走りながら違反車との距離を詰めていくかも覆面パトカーの見分け方。追い越し車線を走る違反車は真後ろから追い上げてくる、自分より速いクルマには敏感なため、覆面パトカーの見分け方になるのです。


覆面パトカーの見分け方に追い越し車線追尾

覆面パトカーの見分け方となる取り締まり手順を詳しく見ていきましょう。覆面パトカーは違反車を追尾距離に捕らえたら追い越し車線に入り、真後ろに付いて速度を合わせて測定を開始します。違反車は130km/hや140km/hを出しているので、200mの追尾も毎秒35m以上進みますから、覆面パトカーは6~7秒もあれば測定は完了します。

高速道路は各車がバラバラに走っているように見えて、実は集団を形成しながら走っているもの。覆面パトカーはその集団に紛れています。

そして、集団を抜け出そうとするクルマや、後方から追い付き抜いていく追い越し車線の違反車を覆面パトカーは取り締まるのです。そんな行動パターンに当てはまるかも覆面パトカーの見分け方の1つです。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内


覆面パトカーの見分け方にヘルメット2人乗車

ただし、覆面パトカーが紛れていても違反車のいない集団もあります。そんな時、覆面パトカーは一旦、パーキングエリアに入ってリセット。覆面パトカーは次の集団が来るのを待って合流します。パーキングエリアの出口付近に止まっているかが覆面パトカーの見分け方になるのはこのためです。

覆面パトカーの簡単な見分け方は、追い抜くクルマの車内をよく見ること。青い制服にヘルメットをかぶった隊員が2人乗っているかどうかが交通取り締まり用の覆面パトカーの見分け方です。

覆面パトカーの見分け方の知識があるドライバーは横に並んだ瞬間に車内を見て、覆面パトカーであることを認識。覆面パトカーの見分け方である車内のヘルメットを確認すると、アクセルをゆるめてそのまま下がって行くか、速度を落としてゆっくりと第1通行帯へ入っていきます。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内


覆面パトカーの見分け方で車種はクラウン

覆面パトカーの見分け方で、交通取締用四駆車で多い車種はトヨタ・クラウン(200系)です。白黒パトカーの交通取締用四駆車と同じ3,000ccモデルのクラウンかどうかも覆面パトカーの見分け方の1つです。ひと昔前の覆面パトカーにあった外観のチグハグさはなくなって、一般車との見分け方が難しくなっています。

なお、トヨタ・マークXも覆面パトカーとしての導入が多く、「マークXを見たら覆面パトカーと思え」と車種が覆面パトカーの見分け方になっている地域もあるほど。フロントグリル内に光る前面警光灯も覆面パトカーの見分け方のポイントです。

交通違反専門の交通機動隊員の運転技量は非常に高く、覆面パトカーに狙われたら最後。覆面パトカーの見分け方を発動する間もなく、あっという間に追尾・測定されてしまうでしょう。覆面パトカーの見分け方を心得ていても、スピード違反のキップを切られることもあるほどです。


覆面パトカーの見分け方にルーフのフタ

そんな覆面パトカーの見分け方になるのが外見的特徴です。覆面パトカーの見分け方に、ルーフの真ん中から電動で出てくる反転式の赤色灯のランプがあります。そのため、ルーフの真ん中には赤色灯ランプが出てくる大きなフタがあるかどうかも覆面パトカーの見分け方の1つです。

覆面パトカーの見分け方の赤色灯は反転式といいますが、現在使われている覆面パトカーのタイプは、横向きに倒れた状態で収納された赤色灯が90度回転して起き上がる仕組みになっています。

ちなみに、警察ドラマなどでも見かけるマグネット式の赤色灯をルーフに載せているタイプは、捜査用の覆面パトカーの見分け方です。見分け方で捜査用の覆面パトカーとわかっても、基本的には刑事たちの“足”なので、交通取り締まりは行れません。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内


覆面パトカーの見分け方にエンブレム

ただし、覆面パトカーの見分け方になるルーフのフタは運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは確認できません。それとグリル内に2つの前面警光灯を隠しており、スピード測定の際はこれを光らせてきますが、潜伏中は覆面パトカーの見分け方にならないほど判別するのは至難のワザです。

ただし、180系と200系クラウンの場合、トランクリッドにグレードエンブレムがない場合は、覆面パトカーの見分け方になります。というのも、覆面パトカーの見分け方の対象となるクラウンは「クラウンパトロールカー」という専用モデル。市販モデルではトランク右側に付くグレードを示すエンブレムがないため、覆面パトカーの見分け方になるのです。

一方で、覆面パトカーの見分け方とされることを嫌った現場では「RoyalSaloon」のエンブレムを貼り付ける擬装行為が頻発しています。そんな覆面パトカーの見分け方を逆手に取った手法も存在するので注意しましょう。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内


覆面パトカーの見分け方にグレード

これまで、交通取り締まり用の覆面パトカーの車種は基本的にクラウンのロイヤルがベースで、それが見分け方となっていました。まずは車種がクラウンかどうかが覆面パトカーの見分け方でした。しかし、210系クラウンの覆面パトカーからは車種をアスリートモデルに変更。攻撃的な印象のフロントグリルになって覆面パトカーの見分け方も変わっています。

実は210系クラウンからはロイヤルに2,500ccまでしか設定がありません。このため、無線警ら用の白黒パトカーは従来通りロイヤルベースですが、交通取り締まり用の白黒パトカーは3,500ccの設定のあるアスリートが採用されたのです。

そして、交通取り締まり用の覆面パトカーもこれに準じて、210系クラウンではアスリートになったというわけ。覆面パトカーの見分け方も複雑になっているのです。このほか、3,500ccのエンジンを搭載するトヨタ・マークXも採用されているので、覆面パトカーの見分け方として覚えておきましょう。


覆面パトカーの見分け方は220系クラウンも同じ

なお、2021年は覆面パトカーの見分け方にうるさいマニアにとっては注目の年でした。というのも、クラウンが大幅モデルチェンジを行った時期から、覆面パトカーなどに新型クラウンが採用されるとすれば2021年からと考えられていて、覆面パトカーの見分け方も大きく変わると予想されたためです。

結果的に、2021年秋から220系クラウンパトカーの配備がスタート。2022年には、220系クラウンパトカーの全国配備が進みました。ただし、肝心の220系クラウンの覆面パトカーはまだまだ少数派のため、目立った見分け方は報告されていません。

このため、最新モデルとなる220系クラウンの覆面パトカーの見分け方は、グリル内に2つの前面警光灯やルーフにある赤色灯ランプが出てくる大きなフタであることは変わりません。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内


覆面パトカーの見分け方にユーロアンテナ

覆面パトカーのグリル内には2つの前面警光灯を隠していますが、潜伏中は見分け方に使えないほどクルマの外観から見抜けません。そして、スピード測定の際や追尾中は、この前面警光灯が点灯されて覆面パトカーの見分け方として利用できます。

後方からの覆面パトカーの見分け方が、リアウィンドウの上部に取り付けられたやや大きめのアンテナ。これは、警察無線を使うために覆面パトカーが必ず装備するもので「ユーロアンテナ」と呼ばれて見分け方として浸透しています。

最近の自動車では、ラジオやGPS用の純正アンテナは10cm程度とコンパクト。一方で、覆面パトカーのユーロアンテナは20cm近くあるので見分け方に使えるのです。とはいえ、覆面パトカー風のオプションアンテナとして市販されてるので見分け方には注意が必要です。


覆面パトカーの見分け方にボディカラー

「リアガラスに濃いスモーク」がかかっていることも、覆面パトカーの見分け方の1つ。覆面パトカーの見分け方に使えるスモークには、車内の様子を見えづらくする役割と同時に、違反車に指示を出す電光掲示装置・パトサインが見分け方にならないように隠す役割もあるといわれています。

このほか、覆面パトカーの見分け方に「ボディカラーに地味な色を採用」があります。覆面パトカーの見分け方として、ほとんどが黒・白・シルバーで目立つカラーの車両は見かけません。また、毎日洗車されているため「車体がピカピカ」であることも、警察車両らしい覆面パトカーの見分け方といえるでしょう。

また、助手席の警察官も後方を確認できるようした「車内の2段式のルームミラー」も、覆面パトカーを見分け方のポイント。前方からも後方からも判別できる覆面パトカーの見分け方です。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

覆面パトカーの見分け方に8ナンバー

また、一見して普通のセダンなのにナンバーが「品川800」と、いわゆる8ナンバー車かどうかも、覆面パトカーの見分け方になります。覆面パトカーの見分け方になる8ナンバーとは、緊急車両などの特殊用途自動車に与えられるナンバープレートです。

ただし、最近は「多摩300」など3ナンバー登録の覆面パトカーも増えているので「8ナンバーでないから大丈夫」と覆面パトカーの見分け方判を過信するのは危険です。

また、覆面を含めたパトカーは基本的に管轄地域を越えた取り締まりは行わないことも覆面パトカーの見分け方に使えます。つまり、走行している地元エリアのナンバーでなければ、覆面パトカーではないという見分け方もできるのです。

覆面パトカーの見分け方で捜査用車両

覆面パトカーの見分け方は、警察ドラマでもおなじみの刑事たちが使う捜査用にも存在します。捜査用の覆面パトカーの見分け方は、正式には「私服用セダン型無線車」と呼ばれるものです。

捜査用の覆面パトカーの見分け方は、車種がトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多いことです。どちらかというと捜査用の覆面パトカーは一般車に紛れ込むことが大切だから使える見分け方でしょう。

ただし、トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった交通取締用の覆面パトカーと同じ車種を、捜査用として導入している警察本部もあるため見分け方には注意が必要。こういった場合は、覆面パトカーの見分け方にはテクニックが必要です。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

覆面パトカーの見分け方で捜査用は手載せ

捜査用の覆面パトカーの見分け方は、マグネット式の赤色灯ランプ。捜査用の覆面パトカーの見分け方になるマグネット式の赤色灯を車内から手でルーフに載せるのが特徴です。捜査用の覆面パトカーの見分け方になる赤色灯は、助手席側から載せる場合が多いので、左側に寄ることになります。交通取締用の覆面パトカーのようにグリル内に前面警光灯は装備していないことも、捜査用の覆面パトカーの見分け方になるでしょう。

捜査用の覆面パトカーの見分け方になる赤色灯は、緊急時に電源コードをバタつかせながら走ることがほとんど。なかには、捜査用の覆面パトカーの見分け方になる赤色灯の電源コードをしっかりと固定している車両もありますが、レアケースといえるでしょう。

なお、警視庁管内には交通課配備のトヨタ・ハイエースの覆面パトカーがあることも見分け方で覚えておきたいポイント。ハイエースの覆面パトカーは単なる輸送車ではなく、スピード以外の交通違反をガンガン取り締まってくるので、見分け方を覚えておいて損はありません。赤色灯を常時おでこに付けていますが乗用車のルームミラーには映りにくいため、見分け方が難しい覆面パトカーといえるでしょう。

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

■「覆面パトカー見分け方」おすすめ記事
覆面パトカーの見分け方はルーフ上にあるフタ

■「覆面パトカー」おすすめ記事
覆面パトカーが張り込みに使われることはない
覆面パトカーは大型トラックの前で身を潜める
覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用

■「パトカー」おすすめ記事
パトカーは自動車警ら隊と所轄で違っている
パトカーの見分け方!同じ車種でまったく違う!!

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • パトカーとは?種類や緊急走行時のサイレン音も解説
    パトカーとは?種類や緊急走行時のサイレン音も解説
  • 機動捜査隊の面パトはなぜマイナー車種ばかり?
    機動捜査隊の面パトはなぜマイナー車種ばかり?
  • 職質のプロ「自ら隊パトカー」昇降装置ある理由
    職質のプロ「自ら隊パトカー」昇降装置ある理由
  • 交通違反の取り締まりを専門とするパトカーとは
    交通違反の取り締まりを専門とするパトカーとは

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]