ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

路上駐車をして車に戻るとフロントガラスに駐禁チケット…そんな苦い経験をした人は多いはずです。この駐禁の駐禁チケットを受け取ったとき、警察に出頭すべきかどうか悩むところ。じつは出頭しようがしまいが違反金は払うもの。出頭すると違反点数もつけられてしまうのです。


スポンサーリンク
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

駐禁は出頭しなくても違反金は払う

駐禁を取られて警察に出頭すると違反金の他に違反点数も付けられます。駐禁チケットの裏には「運転者が警察署に出頭するなどして、この違反について反則金を納付した場合等は使用者に対する放置違反金納付命令は行われないこととなります」と書かれています。

この記述から、警察に出頭しなければならないのかと思いがちですがこれは単に、自分で違反を認めて違反金を警察に払いに来れば違反金納付書を送らないよ、ということ。つまり、出頭しようがしまいが違反金は払いなさいということです。

ちなみに、違反者は必ずしも所有者であるわけではなく、出頭するということは「私が違反しました」と認めることになります。

駐禁で出頭しないと納付書が届く

出頭しなければ、クルマの所有者に違反金納付書が届きます。しかし、半年に3回違反を繰り返すと、所有者責任としてクルマの使用禁止命令が出る事態になることは覚えておきましょう。

このように駐禁をとられて出頭すると、違反点数も付いてしまうもの。しかし、社用車などの場合は、出頭しないと所有者に責任が及んでしまいます。

業務でそのクルマを使用できなくなるということもあるので注意が必要です。駐禁の仕組みをよく理解しておくことはとても大切といえます。


スポンサーリンク

駐禁を取り締まる駐車監視員に密着

駐禁を2人1組で取り締まることが多い駐車監視員の仕事は実にシステマティックです。違反車両を見つけると、まず1人目がデジカメで証拠写真を撮影。もう片方が違反車両が止めてある住所や違反名などを端末に記録します。

駐車監視員は端末に情報を入力すると、印刷機で駐禁チケットを出力して放置車両に貼り付け。最後に、その様子を1人目がデジカメで撮影すれば確認作業完了です。そこで、駐車監視員に密着して駐禁の確定タイミングを確認しました。

駐車監視員はビルの前で駐車中のトラックを発見。トラックを見つけるや否や、さっそく確認作業を始めました。しかし、しばらくすると運転手が登場。そそくさと中に乗り込んでトラックを移動させてしまいました。

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

駐禁チケットが貼られたらアウト

その後、しばらく歩いた所でシルバーの軽ワゴンを発見。そのまま確認作業を始めました。心なしか先ほどよりも体の動きが俊敏。測量やデータ入力をテキパキと終えた2人は、駐禁チケットの印刷の準備に入りました。その時、運転手が車内へ乗り込み、あっという間にクルマを移動させてしまったのです。

今度はBMWを発見して確認作業。一連の作業を終えて駐禁チケットの印刷作業に入ります。そして、駐禁チケットの出力が終わり、フロントガラスにそれが貼られました。最後の作業である駐禁チケットが貼られた状態の写真も撮影して完了です。

このように、駐車監視員による駐禁の取り締まりは、駐禁チケットを貼られたらアウト、貼られる前に戻ればセーフということ。とはいえ、放置車両は取り締まりの対象。交通の妨げとなる違法駐車はやめましょう。

■「駐禁」おすすめ記事
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事