ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

訳あり物件を見抜くチェックすべきポイントとは

マンションやアパートの訳あり物件を見抜くには、何点かチェックすべきポイントがあります。そこで、殺人事件や自殺のおこった訳あり物件を見抜くテクニックを紹介しましょう。そのもっとも基本的なチェックポイントは、中古物件におけるリフォーム箇所にあります。



スポンサーリンク
訳あり物件を見抜くチェックすべきポイントとは

訳あり物件の新品ユニットバス

中古物件なのに、ユニットバスが新品に入れ変わってるときは、訳あり物件かもじれません。密閉された浴室内で「練炭自殺」や「硫化水素自殺」があった場合が多いです。

これは賃貸の空室でも使えるチェックポイント。殺人事件などで、死体をバラバラにする時も浴室が使われることが多いので、そのままバスタブを取り外して新品に入れ替えます。

また、窓ガラスで引き違いのいわゆる「掃き出し窓」と呼ばれる普通の窓で、引き違いの「外側にある窓」のガラスだけが新品に入れ変わってる場合。これも訳あり物件事件であることがしばしばです。

訳あり物件はパッキンを見る

外からガラスを割って強制入室する場合に、そこのガラスを割って窓のカギを開けたり、泥棒もその部分を割って入るからです。窓ガラスよりパッキンを見ると分かりやすいかもしれません。

なお、訳あり物件情報に関しては、日本全国及び海外の訳あり物件を万単位で紹介する「大島てる CAVEATEMPTOR: 事故物件公示サイト」が有名です。

レアなケースですが、1つの部屋を中心として、左右と下の階が空いてる部屋は、何か問題があったと考えられます。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「訳あり物件」おすすめ記事
事故車を避けるための見極めポイントは4つある

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。