ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中綴じできる100均「まわるホッチキス」が便利

装填部をクルっと回転させて、中綴じできるホッチキスといえばマックスの「ホッチくる」が本家です。じつは、これと同機能のホッチキスがダイソーで販売されています。パッと見はよく似ているものの、ダイソーの方が全体的に安っぽく、丁寧に扱わないと壊れそうな気配を感じます。はたして、使い勝手はどうなのでしょうか。


中綴じできる100均「まわるホッチキス」が便利

まわるホッチキスの仕様は10枚対応

マックスの「ホッチくる」は、ホッチキスの針の向きを0度・90度・270度と3タイプで回転させられる、中綴じや筒止めに最適な商品。同人誌界隈では、定番のアイテムとなっています。実勢価格は549円です。

そんなホッチくるとよく似た100均文具が、ダイソーの「まわるホッチキス」。ホッチキスの針の部分をくるっと回せば、綴じる向きを変えられる構造になっています。

ホッチくるは15枚対応、まわるホッチキスは10枚対応という仕様です。試しに、まわるホッチキスでコピー用紙15枚を閉じてみたところ、針がちょっと開き気味になってしまいましたが、何とか留められました。

まわるホッチキスは機能的に大差ない

まわるホッチキスの方がホッチくるよりも安っぽい作りながら、実際に使ってみると機能的には大差ありません。頻繁に使わないのであれば100均文具で十分でしょう。

このほか、アルコールマーカーといえば、プロにも愛用者が多い「コピック」ですが、1本418円とお高めなのがネックです。ところが、100均文具にもそっくりの商品があります。

ダイソーの「フルエントリー」なら2本セットで110円と脅威のコスパ。色のバリエーションは全20色で本家の368色に及びませんが、発色や仕上がりは引けを取らない印象です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。