ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイドルのナマ声が聞けるコンサートワッチとは

音を集めて電波で飛ばすワイヤレスマイクは、仕組みはいわば盗聴器と同じ。電源を切り忘れると盗聴器化してしまいます。この電波を受信して聞こえるのはエコーがかかる前のナマ声。それを聞くのが「コンサートワッチ」です。とくに、アイドルがよく使用するヘッドセットタイプは、楽屋でも電源が入れっぱなしであることが多いようです。


アイドルのナマ声が聞けるコンサートワッチとは

コンサートワッチはマイク電波を受信

マイクとスピーカーの間を電波でつなぐのが、ワイヤレスマイク。文字どおりワイヤレスなので自由に動きながらしゃべったり、歌ったりできるのがメリットです。そのメリットの裏側で、プライバシー漏洩の危険性があります。

無線機器であるワイヤレスマイクの電波は、出力が1~10mWと弱いものの、使用している建物に近づくと漏れてくる電波を受信可能。これを利用したのが「コンサートワッチ」と呼ばれるものです。

コンサートワッチは、コンサートホールで使っているワイヤレスマイクの電波を受信します。アイドルやアーティストの歌声をコンサート会場に入ることなく、電波からダイレクトに受信するのです。

コンサートワッチはかなりの臨場感

コンサートワッチで聞こえる声は“ナマ声”と呼ばれるミキサーで加工する前のもの。時には荒い息づかいが聞こえたりと、かなりの臨場感といいます。

しかも、アイドルやアーティストが舞台袖に引っ込むと、会場内のスピーカーはオフになりますが、ワイヤレスマイクは電源が入ったまま。つまり、楽屋での会話がすべて聞こえることもあるのです。

とくにヘッドセットタイプのワイヤレスマイクは装着したままにすることが多いので、楽屋での会話が筒抜けということも多々あります。さらにリハーサルから受信すれば、プライベートな会話が飛び込んでくる可能性も高くなるでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。