ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バナナボートが秋田県民のソウルフードって本当?

有楽町の東京交通会館1階にある「秋田ふるさと館」。こじんまりとした店内ですが、手書きのPOPなどでアットホームな雰囲気を感じます。きりたんぽやいぶりがっこなどの秋田名物をはじめ、日本酒の老舗蔵元の銘酒もズラリと並んでいます。さらには、秋田県民のソウルフードといわれる「バナナボート」も購入できるのでした。


秋田県民ソウルフード「バナナボート」って何?

バナナボートなど秋田名物も販売

「秋田ふるさと館」は、秋田名物の「きりたんぽ」と「いぶりがっこ」の種類が豊富で、焼き目が付いてない生きりたんぽなる商品も並んでいます。たくあんを煙でいぶしたいぶりがっこは、丸々1本の状態でも購入可能です。また、バナナボートなどの秋田の名物も販売されています。

また、米どころであるゆえ、ご飯に合いそうなおかずも充実していました。白米好きは要チェックでしょう。さらに、秋田といえばやっぱり日本酒。飛良泉本舗や木村酒造など、老舗蔵元の銘酒がズラリと並びます。

スタッフも気さくな方が多く、人気商品や定番商品について親切に教えてくれます。秋田が地元でなくても、通いたくなるはず。アットホームな雰囲気で地元に帰った気分になれるでしょう。

バナナボートで秋田県民は育った

秋田ふるさと館で買える地元の名物を見てきましょう。たけや製パンの「バナナボート」(225円)は、ふんわりと焼き上げたスポンジケーキで、バナナと生クリームを包んだ秋県県民のソウルフードです。

スポンジケーキとバナナ&ホイップクリームの組み合わせといえば、山崎製パンの「まるごとバナナ」を思い浮かべる人も多いはず。秋田県民は「まるごとバナナ」ではなく、「バナナボート」で育ったといいます。

十字屋の「手造りきりたんぽ 5本」(632円)は、創業70年以上の完全手づくりきりたんぽ。鍋に入れるのはもちろん、味噌ダレで食べてもおいしい一品です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。