ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

宮城ふるさとプラザ「ずんだ大福」正しい食べ方

日本有数の繁華街・池袋。JR池袋駅東口から徒歩5分の好立地にある宮城県の物産館「宮城ふるさとプラザ」は、ずんだソフトクリームの置物と牛タンののぼりで人々を吸い込んでいきます。言わすと知れた牛タンのほか、厚さ3cm以上の巨大油揚げやとろける食感がたまらないずんだ大福など、地元の名物が目白押しです。


宮城ふるさとプラザ「ずんだ大福」正しい食べ方

宮城ふるさとプラザに伊達の牛タン

「宮城ふるさとプラザ」は、1階が農産物や水産加工品の販売、2階が観光コーナーと牛タンレストランになっており、建物全体で宮城を満喫できます。出張販売コーナーでは、南三陸町の海産物屋さんが出店しており、市場のような活気を見せていました。

宮城県沖で捕れた金華サバやキンキなども並んでおり、鮮魚が池袋で買えるのはありがたいところ。レジ横には宮城県で採れた野菜を格安で販売しています。数は少ないので早い者勝ちです。

2階にある牛タンレストラン「伊達の牛タン本舗」では、テイクアウトも可能。牛タン弁当が飛ぶように売れていたのが印象的です。

ずんだ大福は冷凍を購入して自然解凍

宮城ふるさとプラザで買える地元の名物を見ていきましょう。陣中の「牛タン仙台ラー油 100g」(750円)は、大ぶりの牛タンをラー油漬けして瓶詰めにした仙台の定番お土産。Amazonなどより安く買えます。

定義とうふ店の「三角定義の油揚げ 5枚」(600円)は、一般的な厚揚げよりぶ厚い宮城・定義山の油揚げ。そのまま炙って、しょうゆと七味でいただくのが仙台流です。

お茶の井ヶ田の「喜久福ずんだ 生クリーム大福 6個」(740円)には、小豆餡や抹茶などのバリエーションがありますが、一番人気なのはやっぱりずんだ餡。冷凍を購入し、自然解凍でいただくのが正しい食べ方です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。