ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

11メーカーのます寿司を食べ比べできるスポット

アンテナショップの聖地、有楽町・東京交通会館の中に店を構える「いきいき富山館」。店内には約800種類の富山アイテムが並んでおり、名産の白エビやホタルイカなどの水産加工品が充実していました。中でも、11メーカーから日替わりで入荷しているます寿しは、お昼には完売する人気ぶり。地元民もビックリな本気度です。


11メーカーのます寿司を食べ比べできるスポット

ます寿しはお昼には完売する人気ぶり

富山の定番お土産であるます寿司は、入り口右手にあるます寿司コーナーで購入可能です。毎日各メーカーの商品を10個ずつ仕入れますが、お昼には完売する人気ぶり。計11メーカーの異なる商品を日替わりで入荷する力の入れようです。

定期的に通って食べ比べ、お気に入りのます寿司を探す楽しさもあります。1日あたり20~30個の限定入荷なので夕方にはほぼ売り切れてしまいますが、電話での取り置きに対応。仕事帰りでもゲットできることに感謝です。

なお、今回は催事コーナーで地元野菜の即売会を開催していました。これらのイベント日程は大々的に貼り出されているので、お目当てのイベントをスケジュール帳に書き込んでおきましょう。

いきいきとやま館で名店の氷見うどん

いきいき富山館で見つけた地元の名物を紹介しましょう。生地蒲鉾の「白えびまめ蒲鉾 5個」は251円で販売中。富山名産の白えびを、1匹丸ごと乗せて焼き上げたかまぼこです。

海津屋の「氷見うどん半生太めん220g」は氷見うどんの名店・海津屋の半生麺。お客は皆“分かっている”のか、数あるうどんの中で1番の売れ筋でした。価格は476円です。

かね七の「棒たら甘露煮 500g」は1,620円という価格。干したマダラを「棒鱈」と呼び、富山ではよくお正月に食される郷土料理です。保存も効くので常備菜としてストックするのもよいでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。