ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

石川人のソウルフード「とり野菜みそ」とは?

加賀百万石というだけあって、石川県のアンテナショップ「いしかわ百万石物語 江戸本店」は、瓦屋根と大きなのれんで豪華絢爛に迎えてくれます。2020年の北陸新幹線開業5周年に合わせリニューアルされており、店内もピカピカです。取り扱っている商品は、県内事業者からの公募により選定されています。


石川人のソウルフード「とり野菜みそ」とは?

金沢カレーのレトルトがズラリと並ぶ

いしかわ百万石物語 江戸本店の1階は、お菓子と工芸品がメイン。金箔を使用した化粧品コーナーもあって、多くの女性客が足を止めていました。

地下への階段を降りると、食料品と地酒のコーナーが出現。女性に人気の加賀ワインの在庫も豊富で、こちらでも目を飽きさせません。

そして、黒いルウと千切りキャベツが特徴的な金沢カレーは、さまざまな種類をラインアップ。ほとんどがレトルトタイプなので、買い置きにも便利です。金沢カレーの元祖「チャンカレ」を筆頭に、レトルトカレーが壁一面にズラリと並びます。

1976年以来のロングセラー万能だし

いしかわ百万石物語 江戸本店で見つけた地元の名物を見ていきましょう。四十萬谷本舗の「金城かぶら寿司 120g」は、スライスしたブリを塩漬けしたカブで挟んだ石川の郷土料理。冬の間にしか作られないのが特徴で、その滋味は日本酒に恐ろしいほどマッチします。価格は972円です。

吉田屋の「プロだし1,000mL」は、1976年の発売以来、ロングセラーとなっている石川の万能だし。これだけで味が決まると、口コミだけで主婦層に浸透したといいます。価格は777円です。

まつやの「とり野菜みそ 200g」は石川人が愛するソウルフード。いわゆる「鍋の素」である調味味噌です。お湯で溶いて鍋のベースにするのが一般的ですが、炒め物や和え物に使うのもよし。価格は313円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。