ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

福井で冬にコタツで食べる定番のお菓子は何だ?

有楽町の繁華街から少し離れ、京橋方面へ歩みを進めると福井県のアンテナショップ「食の國 福井館」が現れます。大きな赤いのれんと、ソウルフードであるソースかつ丼の看板が目印です。イートインコーナーではソースかつ丼やおろしそばだけでなく、日本酒の利き酒セットもあり見逃せません。


福井で冬にコタツで食べる定番のお菓子は何だ?

食の國 福井館では水ようかんが人気

食の國 福井館のフロアは決して広くありませんが、常にお客さんでいっぱい。フロアの中央には冷蔵ケースがあり、越前ガニ・サバ・ウニなどを使った水産加工品が並びます。なるほど、これらがお目当てのようです。

特に売れていたのが、越前ガニを使用した商品。売り切れになった商品について、店員さんに次の入荷日を尋ねる人もたくさんいました。朝には新しい在庫と入れ替えるらしいので、カニ関係をご所望なら早起き必須でしょう。

福井の冬といえばコタツで水ようかんが一般的とのことで、こちらもカニに劣らぬ人気でした。薄い弁当箱のようなサイズで、価格も各メーカー同じなのが興味深いところです。

食の國 福井館でせいこ蟹の甲羅詰め

食の國 福井館で見つけた地元の名物を紹介しましょう。福丸ごーじょーもんの「せいこ蟹の甲羅詰め 70g」は1,800円で販売中。「せいこ」とはメスの越前ガニで、オスより一回り小さいサイズ。しかし、濃厚な内子・外子の卵を楽しめるのはせいこならではです。ということで、地元人はこちらを選ぶのでした。

武生製麺の「新そば 2人前」は、強力粉をつなぎに使い、ワシワシとした力強い歯応えが特徴の越前そばです。地元流でいただくなら、水で締めてたっぷりの大根おろしを投入。価格は494円です。

早崎商店の「オーロラ印の味付たら 73g」の価格は540円。おつまみのイメージが強い乾燥タラですが、福井県民はアツアツご飯に乗せて食べるご飯のお供。うま味が強いので、かつお節感覚で料理のちょい足しにも活躍します。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。