ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ヤマダで買わなくても保証「NewThe安心」お得?

全国47都道府県すべてにお店がある唯一の家電量販店「ヤマダデンキ」は、スケールメリットを生かしたユニークなサービスを行っています。そのひとつが、他のチェーン店などで買った商品も無料保証を受けられる「NewThe安心」というサービスです。この有料サービス、どのように活用すればお得になるのでしょうか?


ヤマダで買わなくても保証「NewThe安心」お得?

NewThe安心の年会費は実質で1015円

ヤマダデンキが行うアフターサービスのひとつに、年会費を支払うことで他店で購入した商品も無料保証が付く「NewThe安心」があります。NewThe安心で無料保証の対象となるのは、20型以上のテレビ・レンジ・洗濯機・衣料乾燥機・エアコン・マッサージ機・冷蔵庫。年会費は4015円です。

購入店舗を選ばないという点でNewThe安心は火災保険に含まれる家財補償に近いといえます。とはいえ、火災保険の家財補償は火災や落雷などのアクシデントで発生した故障のみを対象としているため、NewThe安心の方がカバーする故障の範囲が広くなっています。

NewThe安心の保証期間は製品により異なり、20型以上のテレビ・レンジ・洗濯機・衣料乾燥機・マッサージ機は製造後6年、エアコン・冷蔵庫は製造後9年です。この期間は、量販店の多くが提供する延長保証とほぼ同じとなります。

さらに、NewThe安心には新規入会時と会員継続時に、各回3000円分の商品割引券のプレゼント特典が用意されています。この商品割引券をきっちり使い切ることができれば、NewThe安心の年会費は実質1015円です。

NewThe安心は10万円以上購入でお得

ここで、NewThe安心に加入すると有利になる購入パターンを見ていきましょう。まずケーズデンキ・ジョーシン(ジョーシンクレジットカード会員限定)のように延長保証が無料となる家電量販店で購入した場合、そちらを利用すればOKとなるため、NewThe安心加入メリットは薄くなります。

一方、ビックカメラやヨドバシカメラのように、延長保証が購入代金の5%分必要なチェーンでは、NewThe安心に加入した方が有利になるケースが出てきます。NewThe安心の実質年会費を1015円と考えた場合、5年分の延長保証へ商品価格の5%で追加できるチェーンと比較すると、価格が10万1050円以上であればNewThe安心の方が割安です。

また、ヤマダデンキには家電製品の購入に対して無料で3年・5年の延長保証が付くものの、この保証では購入後4年目以降になると部品代や出張料が有料となります。冷蔵庫やテレビの場合、修理費が高額になるケースも少なくないため、ヤマダデンキで購入する際もNewThe安心に加入した方が故障時への心配が減ります。

ただし、NewThe安心を活用する場合、3000円分の商品割引券をきっちり使い切ることが大切です。この商品券は、500円券6枚つづりで1枚ごとに使用期間が2か月ずつ指定されるほか、551円以上購入しないと使えません。このため、ヤマダデンキへ2か月に一度、定期的に通える人でないとNewThe安心は割高なサービスとなってしまいます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。