ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

movicleで電動キックボードに実際に乗ってみた

街でもよく目にするようになった「電動キックボード」。とはいえ、実際に電動キックボードに乗ったことがある人は少ないでしょう。将来的に電動キックボードを所有したいと考えているならば、まずはレンタルサービスで試し乗りしてみましょう。現在、東京や大阪などの大都市圏ではポートが増設中です。


movicleで電動キックボードを実際に乗ってみた

movicleにはヘルメット着用の義務

東京都港区のみで運用されている電動キックボードのレンタルサービス「movicle」は、時速40kmまで出るパワーがウリ。原付扱いになるのでヘルメット着用の義務と、30km/hまでの速度制限があります。

movicleの電動キックボードに実際に乗ってみると、パワーに反して車体は軽く思った以上に扱いやすい印象。ベースになっているFALCON「ZERO9」が、欲しくなってきます。

movicleの利用手順は、専用アプリをインストール後、運転免許証の登録と交通ルールの把握を実施。利用したいポートと車体をタップし「10分ごと」「1時間ごと」の2プランからどちらかを選択します。

movicleは路側帯でなく車道を走行

movicleの電動キックボードの車体にあるQRコードをアプリで読み込めば、電源がオンになり走り出せる状態になる仕組み。カゴにヘルメットが入っているので、走行前の装着を忘れずに。ヘルメット装着後のカゴは、荷物入れになります。

movicleの電動キックボードは原付扱いなので路側帯ではなく、車道を走行します。トリガーを手前に引くと加速。ギアは3段階あり、「1」なら30㎞/hに届かず安心です。

実際にmovicleの電動キックボード乗ってみると、操作性&加速ともに良好ですが、ブレーキの制動距離はちょっと不安。バイクの2倍はかかると感じました。

movicleの最高速度は40km/hで、定格出力は600W、実寸サイズは110W×116H×68Dcmとなります。対象エリアは東京都港区。利用料金は250円/10分、1時間1,000円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。