ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

奈良まほろば館で買える「柿バター」のお味は?

JR新橋駅から徒歩3分。銀座口を背に直進して行くと、「奈良まほろば館」に着きます。2021年8月に、日本橋から新橋に移転してきました。奈良まほろば館の開け放たれた入口正面に置かれているのは、全国的にもメジャーな柿の葉寿司や柿ようかん。奈良の名産品への期待も膨らみます。詳しく見ていきましょう。


奈良まほろば館で買える「柿バター」のお味は?

奈良まほろば館で人気の大仏ぷりん

奈良まほろば館スタッフにオススメを聞くと、地元民も愛する「大仏ぷりん」とのこと。店頭に並んでもすぐ売り切れになるほどの人気で、確実に入手できる入荷日を教えてくれました。

小さいサイズは毎週金曜日、大きいサイズは隔週火曜日です。大仏ぷりんなどの人気商品は、入荷日を店内で公開中。それだけ競争率が高いということでしょう。

奈良まほろば館に併設されたカフェバーでは、三輪そうめんや柿の葉寿司、日本酒が楽しめます。清酒の起源は奈良・菩提山正暦寺とか。店内の一角でその歴史に触れられます。

奈良まほろば館で柿バターが販売中

さっそく、奈良まほろば館で見つけた地元の名物を見ていきましょう。林豆腐店の「田舎揚げ3枚入り」(価格379円)はおでんや煮物にマッチ。通の食べ方は、そのまま焼いて生姜醤油だといいます。

池利の「三輪そうめん50g×6束」の価格は509円。三輪地方で生産されている素麺で、日本最古の歴史があります。強いコシと糸のような細さが特徴です。

石井物産の「柿バター150g」は価格648円で販売中です。五条市から下市町にかけて栽培された柿をジャムにし、バターと合わせたスプレッド。柿の風味とバターのコクがめっちゃ合います。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。