ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

血中酸素量も測定するスマートウォッチが5千円

PC周辺機器の企画・開発・販売元として知られるエアリアは、スマートウォッチを価格帯別に3ラインでリリースしています。5千円を切るエントリー機にあたるのがこの「P10」で、海外モデルをベースに日本語化など独自にカスタマイズして展開中。血中酸素濃度の測定も可能なスマートウォッチのエントリーモデルです。


血中酸素量も測定できるスマートウォッチ入門機

Smart Watch P10で血中酸素量を計測

エアリアの「Smart Watch P10」は、初めてスマートウォッチ使うユーザーを意識して、販売サイトにアプリの設定手順を動画で用意したり、液晶保護フィルムを2枚付属するなど、その心遣いはさすが日本企業といったところです。

機能面で特に注目したいのは、新型コロナウイルス感染症の重症化を察知するための目安である、血中酸素濃度(血中酸素飽和度)を測定できること。医療用ではないためあくまで参考値として…ですが、手元にあると安心でしょう。

簡易的な機能とはいえ、血液中の酸素量を計測することが可能なのは大きな魅力。また、血圧の測定も可能です。血圧はちょっと高めに出る印象でした。

Smart Watch P10にLINEトーク内容表示

Smart Watch P10専用アプリ「JYouPro」の設定で、時計にメッセージを通知するSNSアプリを選択。LINEのトーク内容を確認できるようにも設定できます。

このほか、アプリで「リモート自撮り」を起動すると、時計側にカメラアイコンが表示。ここで腕を振るなどして時計を動かすと、シャッターが切れる仕組みです。

文字板の壁紙はアプリ内に78種類用意されていますが、自前の画像なども設定できます。自前の画像を使用するなら「カスタム壁紙」から選択すればOKです。

Smart Watch P10のサイズ/重さは約44W×40H×11Dmm/約33gです。電池容量は220mAhで、使用時間は最大7日となります。ディスプレイサイズは1.69インチで、防水機能はIP67です。その他の機能は消費カロリー測定、長座アラート、睡眠モニター、遠隔カメラ操作など。実勢価格は4,980円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。