ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フリラーから絶大な支持を得る「DJ-DPS70」とは

デジタル簡易無線登録局の世界でも、アルインコは独自の道を突き進んでいます。その中で、ホビーユーザーの決定版といわれる「DJ-DPS70」をを紹介しましょう。アマチュア無線機と同タイプのバー式のSメーターや、周波数表示機能を搭載したDJ-DPS70がフリラーから絶大な支持を得ている理由を見ていきます。


フリラーから絶大な支持を得る「DJ-DPS70」とは

DJ-DPS70でフリラー運用も大きく変化

無線の免許無しで楽しめるライセンスフリー無線には、デジタル簡易無線登録局や特定小電力無線などの4つのバンドが存在。これらをまとめて「フリラ」、その愛好家を「フリラー」と呼びます。語源は和製英語の「フリーライセンス・ラジオ」です。

アルインコの「DJ-DPS70」のSメーターの登場により、フリラー運用も大きく変わりました。以前は、信号強度の交換は5段階のメリット方式でしたが、DJ-DPS70の登場により、アマチュア無線と同じ、了解度と信号強度で表現する「RSリポート」を交換するスタイルになったのです。

もちろん、送受信性能が高く、付属アンテナで150kmを越える遠距離交信を達成しています。特定小電力無線機で語り継がれている伝説的名言、「よく飛ぶアルインコ」は、デジ簡にも受け継がれているようです。

DJ-DPS70の上位機種が2021年に追加

2021年には、同じボディを使ったDJ-DPS70の上位機種「DJ-DPS71」を追加。基本設計は同じですが、Bluetooth機能を搭載しています。大音量のスピーカーマイク「EMS-87B」などを使用して、コードレス運用が可能です。

業務ユーザーに向けた機能の追加ですが、フリラー運用にも活用できます。自宅でデジ簡を運用する際、外部アンテナを接続できる場所は限られてきます。

しかし、DJ-DPS71ならばアンテナ直下に置いたまま、別の部屋で待ち受けができるので、貴重な交信を逃しません。DJ-DPS70シリーズは、フリラーの運用スタイルを大きく変えた名機として、語り継がれていくことでしょう。(文/デジ☆KAN太郎)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。