ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonで販売される「SRH805S」偽アンテナの闇

Amazonで販売される第一電波工業のアンテナ「SRH805S」には、実勢価格の半額以下の模倣品が出回っています。見た目と性能の違いについて、正規品と比較しながら編集部で独自調査を行いました。その結果、SRH805Sの偽アンテナは使用すると、無線機が壊れてしまう危険性のある粗悪品であることが判明したのです。


Amazonで販売される「SRH805S」偽アンテナの闇

SRH805Sは携行に優れたミニアンテナ

全長4.5cmながら、144/430/1200MHz帯に対応し、広帯域受信性能を持つ第一電波工業「SRH805S」は、携行性に優れたミニアンテナ。実勢価格は2,400円です。しかし、その人気にあやかろうと、粗悪な模倣品が蔓延しています。

実際、Amazonで「SRH805S」を検索すると600~1,000円の模倣品が多数表示されます。製品の写真では、「DIAMOND」のブランド名がわざと消されているようです。

実際に購入して届いた模倣品には「DIAMOND」のロゴが記されていましたが、文字が大きくて印刷が薄い印象。また、正規品には無い逆SMAの製品まで勝手に展開している始末です。

SRH805S模倣品は無線機を壊すリスク

アンテナ内部を見てみると、正規品にはコンデンサが付いているだけでなく、コイルが密で中に芯を入れて安定させる構造でした。模倣品は単にコイルを巻いただけと、粗い作りです。

アンテナの性能を表すSWRを測定してみたところ、SRH805Sの正規品は144~146MではバンドエッジのSWRは高いものの、145.00MHzにキッチリと共振していました。430~440MHzではSWRが良好な435.00MHzに共振。アンテナの設計として正しいグラフを描いています。

一方、SRH805Sの模倣品は144~146MHzでは計測グラフの上限11を越えて、無限大という最悪の状態に。送信すると無線機を壊すリスクが極めて高いでしょう。430~440MHzでは、グラフはフラットに近いものの、特性はSWRが高いダミーロードに近いものがあり、アンテナとしての性能が得られません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。