ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

窓のクレセント錠は空き巣対策にならない理由

昨今の空き巣の侵入手口で最も多いのが、窓などのガラスを狙った“ガラス破り”。ピッキングほど専門知識や技術がなくてもできてしまうだけに注意が必要です。とくに、ほとんどの家庭の窓に使われているクレセント錠は、空き巣対策にはほとんど意味がありません。その理由を詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
窓のクレセント錠は空き巣対策にならない理由

クレセント錠は空き巣対策ではない

ほとんどの家庭の窓は、クレセント錠がカギ代わりに使われています。確かにクレセント錠で戸締まりをすれば、外から窓を開けることはできないので、出来心的な犯罪は防ぐことが可能。ただし、空き巣対策ではないのです。

クレセント錠は“錠”というカギらしき名前を冠してはいますが、キーを使っていないため、正しくはカギではありません。空き巣にガラス破りをされてしまうと、いとも簡単に侵入を許してしまいます。

ガラス破りといっても、空き巣は窓ガラスをすべて割るのではありません。クレセント錠周辺にコブシ大程度の穴を開ければこと足ります。そのため、周囲に気づかれるような派手な音もあまりしないのです。

空き巣対策はクレセント錠に補助錠

さらに、多くのクレセント錠はスイッチやスライド式の簡単なロック機構が付いているだけ。このため、空き巣にガラスを破られて手を突っ込まれたらひとたまりもないのです。これがクレセント錠が空き巣対策に意味がない理由になります。

それでは、空き巣対策はどうしたらよいのでしょう? ホームセンターや防犯ショップをのぞくと、クレセント錠用の補助錠が売られています。これが空き巣対策には有効なのです。

補助錠はクレセント錠の上げ下げや、窓の開閉をするためにキーが必要になるもの。このため、ガラス破りで侵入しようとしてコブシ大を割ったくらいでは、空き巣は中に入れません。空き巣から本気で自宅を対策したいなら必須のアイテムです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事