ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣

スマホ操作で180度旋回の防犯カメラに死角ナシ

室内に防犯カメラを設置するなら、Wi-Fiボックスに偽装したタイプがお手軽。Wi-Fiボックスであれば室内を見渡せる位置にセットしても、違和感がありません。また、AC電源で常時稼働させておいて[…続きを読む]

ベランダ防犯グッズにタコ足付きセンサーライト

直接の侵入路ではありませんが、居住スペースから少し離れたベランダやガレージも窃盗のターゲットになりやすい場所です。クルマやバイクはもちろん、エアコンの室外機が狙われるケースもあります。女性なら[…続きを読む]

Wi-Fiルーターに擬装の防犯カメラで赤外線撮影

今やどこにでもあるWi-Fiルーターに擬装した防犯カメラ。フルHD画質の動画撮影はもちろん、動体検知や赤外線撮影にも対応し、事務所の監視や自宅の防犯用途などあらゆるシーンをカバーできます。スマ[…続きを読む]

Tapo C210はベストセラー防犯カメラの後継機種

ネットワークカメラのベストセラー「Tapo C200」の後継機が、TP-Linkの防犯カメラ「Tapo C210」です。解像度が2Kにアップし、対応microSDカードも128GBから256G[…続きを読む]

SwitchBot見守りカメラはスマート家電と連携

玄関ロックや電球など、お家のあらゆるスマート家電を手掛けるSwitchBot社の防犯カメラが「SwitchBot 見守りカメラ」です。同社のスマート家電との連携もできるので、家全体の防犯レベル[…続きを読む]

ATOM Cam SwingがAmazonランキング上位の理由

ATOMのネットワーク防犯カメラ「ATOM Cam Swing」は5千円以下ながら、AIによる人・ペット識別機能を搭載したネットワークカメラ。侵入者やペットが部屋のどこにいてもターゲットを捕捉[…続きを読む]



空き巣の侵入経路で最も多いのが「窓」。玄関のドアは強固な鋼材で簡単には破壊はできないのに対し、窓にはガラスという脆弱な部分があるためです。窓ガラスの一部を割って解錠し、室内に忍び込まれてしまい[…続きを読む]

ドアガード破りやサムターン回しを数百円で対策

本格的なホームセキュリティは相応のお金がかかるもの。しかし、ホームセンターの防犯グッズを組み合わせればお手頃価格で実現可能です。何より「自分で工夫する」という楽しみがあります。マンションなど上[…続きを読む]

防犯カメラは価格帯でどれくらい性能が違うか?

不在中に自宅を見守って、不測の事態には証拠も押さえられる最強のセキュリティアイテムが「防犯カメラ」です。ひと昔前まではカメラ自体が高価格な上、設置にも専門的な工事が必要だったため、企業や店舗が[…続きを読む]

AI防犯カメラが5千円以下!その実力を検証した

Wi-Fi環境の普及と低価格化で、1家に1台が当たり前になっているのが「ネットワークカメラ」です。大半のモデルが動く物体を捕らえるモーションセンサーを搭載しており、自宅に侵入しようとする不審者[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに、それ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]