ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

忍者レフでガラスの写り込みを防止して写真撮影

ガラス越しの夜景撮影などでは、自分の姿や室内のライトが写り込んでしまうもの。なかなか思うような写真撮影ができません。そんなときは「忍者レフ」がおすすめです。忍者レフをカメラに装着して撮影すると、撮影者が隠れて写り込みを防ぎます。



スポンサーリンク
忍者レフでガラスの写り込みを防止して写真撮影

忍者レフの実勢価格は5,184円

ガラス越しや液晶ディスプレイなどの撮影では、反射したものが写り込んでしまうことがあります。そこで役立つのが「忍者レフ」です。

忍者レフの表は写り込み防止の黒レフ、裏は光を美しく反射する白レフ板になっています。φ50cm、重さ138gのコンパクトサイズで携帯しやすいでしょう。実勢価格は5,184円です。

忍者レフをカメラに装着して撮影すると、撮影者が隠れて写り込みを防ぎます。直径82mmのレンズまで対応しているので、ほとんどのデジカメで利用可能です。

忍者レフで写り込みナシ写真撮影

さっそく、忍者レフをレンズ部に装着して写り込みを防止してみました。ビルの高層階からのガラス越しの夜景撮影でも、写り込みナシで写真撮影できました。

ガラス越しにレンズを密着させるのが難しかったり、ガラス越しで斜め前を撮影したい時、忍者レフは活躍します。

なお、ガラス越しの撮影なら「レンズスカート」もオススメ。吸盤でガラスに密着させて撮影するため、レンズの破損の心配がありません。三脚を使った撮影にも適しています。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。(文/中谷仁)

■「撮影」おすすめ記事
防水カメラになるタフなケースが「dicapac」
カメラスタビライザーで滑らかな動画撮影を実現

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。