ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スポーツドリンク対決!ポカリvs.アクエリアス

スポーツドリンクの2大巨頭が、大塚製薬の「ポカリスエット」と日本コカ・コーラの「アクエリアス」です。両者とも塩分がかなり多めに含まれているため、汗をかいた後にミネラル補給をするのには、打って付けの飲み物です。両者の違いを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
スポーツドリンク対決!ポカリvs.アクエリアス

スポーツドリンクの2大巨頭の違い

スポーツドリンクの2大巨頭の違いは、ポカリスエットは糖分と塩分が豊富。アクエリアスは、アミノ酸と糖分という組み合わせで配合されています。

巷では両者の違いがアレコレといわれているもの。しかし実際のところ、スポーツドリンクとしての効果は、どちらもどっこいどっこいで大差はありません。

強いていうなら、ポカリスエットは500mlのペットボトル1本当たり、お茶碗1杯のごはんに相当する125kcal近いカロリーが入っていること。どちらかというと運動後の疲労回復としての用途向けです。

スポーツドリンクは薄めるトレンド

アクエリアスは少しばかりカロリーが抑えられていますが、それでも500ml中95kcal。運動中にちまちまと飲むのには適していますが、どちらも豪快に飲むには濃過ぎるのです。

アミノ酸を個別に仕入れて、スポーツドリンクを自作することは不可能ではありませんが、市販品に比べると、どうしてもマズくなってしまいます。おいしく飲みやすい味には到底できません。

なので、スポーツドリンクを状況に合わせて、市販品をいろいろ作り替えるとよいでしょう。ポカリスエットやアクエリアスは濃過ぎるので、水で2~3倍に薄めて飲むのが、アスリートたちのトレンドです。

スポーツドリンクを自作したい場合

栄養補給を兼ねるのなら濃いめ、水分補給なら薄めといった具合です。これだけで身体にもお財布にも優しいスポーツドリンクになります。

どうしてもスポーツドリンクを自作したい場合は、1%食塩水を作って、そこに違和感を感じない程度に砂糖を加えていけば、概ねスポーツドリンクになります。

とはいえ、アミノ酸などはドリンクで摂取せずに、食事で摂った方が効率的でしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。(文/くられ)

■「疲労回復」おすすめ記事
チョコラBBの効果を最大化する組み合わせは?
アミノバイタルの効果がガムシロップで高まる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。