ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Twitterの「#救助要請」は本当に適切なのか?

東日本大震災あたりから増えている、Twitterによる救助要請。電話はつながらないけどネットはつながるという場合に、Twitterで「#救助要請」のタグを付けてツイートするのが新たな救助要請の手段として使われています。はたして、Twitterによる救助要請は正解なのでしょうか。正しい救助要請の仕方とポイントを、防災アドバイザーの高荷智也氏に解説してもらいました。


Twitterの「#救助要請」は本当に適切なのか?

「#救助要請」を書き込む前に119番

SNSによる「#救助要請」は最後の手段です。自分自身や目の前の誰かが救助を必要としている場合、仮に「#救助要請」で助けを呼んだとしても、その投稿を見た方が助けに来るのではなく、その投稿を見た誰かが119番通報をして、消防による救助が行われることになります。

実際に「#救助要請」の投稿の中には、400~500回以上リツイートされ、拡散されているものもありました。しかし、SNSへ書き込みをするヒマがあるならば、つながるまで119番に鬼プッシュを繰り返し、自分で直接助けを呼ぶのが最短コースです。

大規模災害で電話がつながらない場合や、手元にWi-Fi端末しかない場合は、LINEなど「ネットで完結するアプリ」を使って下さい。この時は家族や知人に連絡を取り、自分が危険な状況であること、119番に通報してほしいことを伝えます。

「#救助要請」の正しい投稿の仕方

「#救助要請」が登場するのは、電話(119番)はつながらないが、インターネットはつながる状況において、頼れる身内が存在しない、または誰にもつながらない場合だけです。あくまでも、自力または家族による119番通報ができない場合の、最後の手段として認識しておきましょう。

最終手段を使わざるを得ない場合は、Twitterで救助要請をする時のルールを覚えおきましょう。まず投稿がデマでないことを示し、行政に情報を拾われた場合に確実な救助を行ってもらうため、できるだけ詳しい状況を記述することが重要です。

現在地の住所、救助対象の人数や詳しい属性・状況、周囲の写真などを加えて投稿して下さい。また、実際に救助された後は投稿を速やかに削除して、情報の拡散をストップします。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。