ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Tapo C210はベストセラー防犯カメラの後継機種

ネットワークカメラのベストセラー「Tapo C200」の後継機が、TP-Linkの防犯カメラ「Tapo C210」です。解像度が2Kにアップし、対応microSDカードも128GBから256GBに倍増しました。映像を見ながらスムーズに会話できるため、子どもやペットの見守りに最適なTapo C210を詳しく見ていきましょう。


Tapo C210はベストセラー防犯カメラの後継機種

Tapo C210は電話マークで会話できる

この防犯カメラシリーズのウリは音声通話など、コミュニケーション機能のスムーズさ。メニューボタンの電話マークをタップするだけで、スマホ同士のようにクリアに会話できます。

Tapo C210はカメラの垂直部分にやや死角がありますが、設置場所さえ工夫すれば実用に問題ないでしょう。なお、実際にカメラ性能を試したところ、自然な明るさで肉眼に近い映像が撮れました。

Tapo C210は2K画質ということもあり、顔の表情まで明確に読み取れます。赤外線モードはやや暗めで、顔の輪郭やスニーカーの模様がややボヤけていました。

Tapo C210はわずかな動きでも録画開始

Tapo C210のマイクとスピーカーだけのやり取りでは、ややタイムラグが生まれてしまうのがネック。通話ボタンを使えば、通常の電話のように話せます。

Tapo C210の動体検知の反応は良好で、わずかに動いただけでも録画がスタート。プッシュ通知がわずらわしい人向けに、メールボックスも用意されています。

Tapo C210の解像度は2304×1296ドットで、フレームレートは15fps。首振りは水平360度、垂直114度です。サイズ/重さは86.6W×117.7H×85Dmm/254g。実勢価格は4,180円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。