ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

AR-33はレーザーオービスの受光部の設置が自由

いまレーダー探知機を選ぶなら、LSM-300などの可搬式オービスのレーザーに対応しているかは重要なポイント。そして、レーザー対応のレーダー探知機は、ワンボディタイプとセパレートタイプに大きく分かれます。セルスター工業のセパレートタイプの最新レーダー探知機「AR-33」を見ていきましょう。


AR-33はレーザーオービスの受光部の設置が自由

AR-33は好きな場所にアンテナ設置

レーダー探知機の老舗メーカー・セルスター工業の「AR-33」は、設置の自由度が高いセパレートタイプです。ワンボディタイプの「AR-W87LA」同様、広範囲のレーザーを受信でき、24GHz帯の新型オービスもカバーします。

各種取り締まり情報やゾーン30などに対応するほか、任意の場所でレーザーを受信しない「レーザーメモリキャンセル」を搭載し、誤警報を軽減します。

AR-33は受信しやすい場所にアンテナを設置できるので、レーザー式オービスをいち早く警告。独自開発のフレデリックスレンズにより、受信性能もアップしています。

AR-33はゾーン30にも対応して警告

固定式オービスはGPSの位置情報を元に、CGと音声で知らせてくれます。毎月配信される最新のGPSデータは、無線LANやmicroSDカード(Androidのみ)を使ってAR-33で更新可能です。

AR-33は過去に可搬式の取り締まりが行われた場所を500m手前から警告します。ゾーン30にも対応。エリア内を30㎞/h以上の速度で走行すると、警告が表示される設計です。

AR-33の受信方式はダブルスーパーヘテロダイン方式(レーダー部)、34chパラレル受信(GPS部)です。対応衛星はガリレオ、グロナス、準天頂、GPS、SBASで、無線受信は18バンドとなります。サイズ/重さは108W×58H×23Dmm/117g(本体)、64W×20H×36D㎜/85g(アンテナ)。実勢価格は40,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。