ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察

ネズミ捕りやオービスから逃げ切ることは可能?

速度違反を待ち伏せして取り締まるのが「ネズミ捕り」と「オービス」です。ネズミ捕りは複数の警察官が連携プレーで、速度違反車をキャッチ。一方のオービスは、路上に設置されたカメラで違反者を自動撮影し[…続きを読む]

青キップや赤キップのほか「白キップ」もある?

青キップや赤キップなど、交通違反で警察官が切るキップには、色によって違反の重さに違いがあることはよく知られています。青キップは比較的軽い違反で、赤キップは飲酒運転など一発で免許停止・取り消しに[…続きを読む]

青色の「外交官ナンバー」は駐車違反の対象外?

駐車違反の取り締まりにまつわる都市伝説はいろいろあります。外交官ナンバーは取り締まられないという話や、ナンバーを隠すと駐車監視員が確認作業を避ける傾向があるなど。はたして、駐車違反の取り締まり[…続きを読む]

警察へのクレームの窓口になる「監察室」とは?

警察官の職務執行についてのクレームは、制度としては各都道府県に設置されている公安委員会に申し出ることになっています。しかし、実際はあまり機能していないのが実状。一方で、警察官の信用失墜行為に関[…続きを読む]

全国で導入されている「可搬式オービス」とは?

最近、全国の警察に導入されている新しいスピード違反取り締まり装置が「可搬式オービス」です。従来までの固定式オービスと違って神出鬼没なため、ドライバー側がその取り締まり情報を把握しきれていないの[…続きを読む]

警察の科捜研は違法薬物をどうやって鑑定する?

アーティストやタレントによる覚せい剤に関連する事件が後を絶ちません。そんな中、報道でよく目にするのが警察によって「覚せい剤が検出された」というもの。警察はどのように違法薬物を鑑定していて、その[…続きを読む]



主力銃器「短機関銃」という警察の特殊部隊は?

警察の特殊部隊には「SIT」と「SAT」があります。SITは各警察本部の刑事部に設けられた捜査一課の一部署。主な任務は人質救出と犯人逮捕です。一方、SITと1文字違いのSATの所属は機動隊と同[…続きを読む]

駐車違反で「差し押さえ」になるケースとは?

駐車違反の取り締まりで駐車監視員制度がスタートしたのは2006年の6月。駐車違反を現認したら車両の持ち主に「放置違反金」を支払わせるシステムに変更されました。その現認部分を外部委託するのが駐車[…続きを読む]

ニュースで耳にする「公安調査庁」どんな組織?

オウム真理教関連のニュースで耳にするのが「公安調査庁」という名前。何らかの調査を行っていることはわかりますが、実際にどのような活動をしているのかは、あまり知られていません。また、公安と聞いて公[…続きを読む]

交通違反になる間違ったウインカーの出し方とは

クルマやバイクの「ウインカー」は基本的な役割は知られている一方、間違った使い方が通用していたりもします。間違ったウインカーの出し方は交通違反で取り締まり対象になるだけでなく、後方を走るクルマを[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]