ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新規参入ながら可搬式オービスに対応した探知機

レーザー式の可搬式オービスが全国的に続々と配備される中、新Kバンド帯を使う可搬式オービスMSSSの動向からも目が離せません。そうした中、老舗パーツメーカーが新モデルでレーダー探知機に参入してきました。ブリッツのレーザー式にも対応した「TL241R」は、コンパクトながら性能は十分。詳しく見ていきましょう。


新規参入のレーダー探知機「TL241R」の実力は?

TL241Rは2.4インチ液晶でコンパクト

「Touch-B.R.A.I.N. LASER TL241R」は、2.4インチ液晶のコンパクトボディながら、上位機種「TL311R」と同等の探知性能を有するワンボディタイプのレーダー探知機です。

TL241Rはレーザー&レーダー受信に加え、GPSデータによる警報が可能で、あらゆる現行オービスをカバーします。高機能ながら、シンプルなボタン操作と手頃な価格が魅力です。

TL241RのGPSデータは21万件以上、取り締まりデータは7.7万件以上を収録。GPSによりループコイルなどの固定式オービスをはじめ、周囲の取り締まり情報も表示されます。

TL241Rの本体背面にレーザー受光部

TL241Rの操作はディスプレイ横のタッチボタンで行う設計。本体背面にはレーザー受光部が設置されています。制限速度とオービスまでの距離も表示します。

TL241Rは、最新のGPSデータで新設オービスにも対応する設計です。ちなみに、レーザー式の固定式オービスはGPSデータでの警告になります。

TL241Rの受信方式はダブルスーパーヘテロダイン(レーダー部)、パラレル33ch(GPS部)です。対応衛星はGPS、グロナス、ガレリア、みちびき、ひまわり、GAGANで、無線受信は18バンドとなります。サイズ/重さは92W×52H×21.3Dmm/87g。実勢価格は26,400円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。