ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レーザーオービスに多彩に対応「SUPERCAT」とは

ユピテルのレーダー探知機「SUPERCAT」シリーズは、国内メーカーで初めてレーザー式オービスに対応したレーダー探知機のド定番モデルです。レーザー受光部が本体と一体化した機種や、既存の機種と接続できるレーザー受光に特化した機種がリリースされています。SUPERCATシリーズは設置環境や手持ちの機種に合わせて選べるのが魅力です。


レーザーオービスに多彩に対応「SUPERCAT」とは

SUPERCATシリーズでレーザー受信特化

「LS2000」は無線LAN搭載のSUPERCATシリーズ最新モデルのレーダー探知機。セパレートタイプで3.6インチ大画面液晶を備え、各種取り締まり情報を分かりやすく警告してくれます。

LSM-310といった、新型の可搬式レーザーオービスにも対応しています。サイズ/重さは106W×60H×12Dmm/約95g(本体)、84W×21H×49Dmm/約130g(アンテナ)。実勢価格は46,200円です。

「LS21」はレーザーの受信に特化した最新モデル。対応する同社製レーダー探知機に後付けして、既存のモデルを“レーザー対応”できるのが特長です。

SUPERCATシリーズに一体型バージョン

本機単体でもレーザー受信機として使えます。LS21のサイズ/重さは、48W×34H×13Dmm/約16gです。実勢価格は7,678円となっています。

「A1000」は、無線LANを搭載した一体型バージョンのフルスペックモデルのSUPERCATシリーズ。本体とアンテナが一体となっているので、コンパクトに設置できます。

液晶サイズは3.6インチの大画面液晶を採用。サイズ/重さは、106W×60H×17Dmm/約120gとなります。実勢価格は36,080円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。