ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

インナーマッスルと体幹の鍛え方はどこが違う?

スポーツパフォーマンス向上のみならず、ダイエットでも注目されているのが「インナーマッスル」と「体幹」です。どちらも体の中心に近い場所であることはなんとなくわかりますが、インナーマッスルと体幹は何が違うのでしょうか。また、実際の鍛え方にはどのような違いがあるのでしょうか。


スポンサーリンク
「インナーマッスル」と「体幹」の鍛え方の違い

インナーマッスルは姿勢を調節する

インナーマッスルは、体の表面に見える表層筋と呼ばれるアウターマッスルに対しての深層筋のこと。英語でいうと「deep muscle(ディープマッスル)」です。おもに姿勢を細かく調節したり、関節の位置を正常に保つ働きがあります。

一方の体幹とは、頭・腕・脚以外の胴体を意味します。体幹を鍛えると、まず運動中の体勢が安定。その安定がより強いパワーを発揮させます。また、脚の力を腕に伝えるなど力の伝達機能も体幹の役目です。このため、体幹を鍛えることでスポーツ時のパフォーマンス向上につながります。

つまり、体幹は場所の概念で、インナーマッスルは深さの概念。体幹の鍛え方にインナーマッスルも含まれますし、インナーマッスルの鍛え方には体幹も含まれます。

インナーマッスルと体幹の鍛え方

体幹の鍛え方とは、胴体のインナーマッスルとアウターマッスルの両方を鍛えることになります。逆にインナーマッスルの鍛え方は胴体だけに限らず、ダイエットで注目される腹筋や股関節のほか、肩や腕もターゲットになるのです。

実際、インナーマッスルと体幹とでは鍛え方にも差があります。インナーマッスルは、ふだん意識して使う機会が少ない筋肉。このため、負荷の少ない動きや体勢を保持するトレーニングが多くなります。

体幹は、意識して使うことはあまりないものの、スポーツなどではよく使われる筋肉です。このため、負荷が大きい動きや体勢を短い時間で行うトレーニングが主体になります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。