ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

青森県民の冷蔵庫に必ず入っている万能タレは?

青森県の物産館「あおもり北彩館」は、飯田橋駅から靖国神社方向へ2分ほど歩くと見える、大きなねぶたの看板が目印です。奥行きがある長方形のフロア構成になっており、店内には青森の農産加工品や精米、工芸品が所狭しと並んでいます。あおもり北彩館で買える地元の名物を詳しく見ていきましょう。


青森県民の冷蔵庫に必ず入っている万能タレは?

あおもり北彩館で地元に帰った気分

あおもり北彩館が特に力を入れているのが、生産量トップクラスのリンゴとニンニク。リンゴは「千雪」「紅玉」など人気の品種を揃え、ニンニクは巷で話題の黒ニンニクが山積みにされていました。

ショップ内の冷蔵庫には、青森産のリンゴとニンニクが詰まっています。有名品種が1個から買えるのはうれしいところでしょう。観光案内コーナーはイスがあり、休憩も可能。自宅への配送もここで手続きできます。

店内奥にはイートインコーナーがあり、現地の材料を使ったソフトクリームやリンゴジュースを堪能できます。ジュースは100%ストレートタイプで、この日の品種は「黄色い林檎」。青森人も納得の味なので、地元に帰った気分になれます。

あおもり北彩館に県民愛用の万能タレ

あおもり北彩館で買える地元の名物を見ていきましょう。青森県りんごジュース「シャイニーアップルジュース 200mL」(130円)は、一般的な濃縮還元ではなく、ストレート100%果汁なのがポイント。リンゴの種類でパッケージに差があり、青森県民はそれぞれお気に入りの味があるといいます。

上北農産加工の「スタミナ源たれ 410g」(486円)は、青森県民なら必ず冷蔵庫に入っているといわれる万能タレ。一般用途は焼き肉や炒め物ですが、リンゴとニンニクたっぷりのタレは、カレーの隠し味にも最適なのでした。

ヤマモト食品の「ねぶた漬 50g×2」(324円)は、1966年から販売されているご飯のお供。数の子・スルメ・昆布に、大根などの野菜を合わせたヌルヌル食感がクセになります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。