ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オムロンのウェアラブル血圧計を使ってみた結果

いくら小型化したとはいえ血圧計を持ち歩くのは面倒ですが、腕時計型のウェアラブル血圧計なら邪魔になりにくく、見た目にも不自然さがありません。いつでもサクッと測定してアプリで管理すれば、1日や1週間単位での血圧値の傾向も把握でき、健康管理に活かせます。オムロンのウェアラブル血圧計を実際に使ってみました。


オムロンのウェアラブル血圧計を使ってみた結果

ウェアラブル血圧計ベルトにバルーン

ウェアラブル血圧計「HCR-6900T-M HeartGuide」のメーカーはあのオムロン。管理医療機器としての認証を取得しているため、安心して使えます。

ウェアラブル血圧計のベルト内側には、測定時に空気を流すバルーンが付いている設計です。通常時は薄く柔らかいのでさほど気になりません。

血圧はイスに座った状態で、ウェアラブル血圧計を心臓の高さに上げて測定します。不規則脈波も検出できる仕様です。

ウェアラブル血圧計はシンプル設計

血圧計に重きを置いているため、機能は「時計・血圧・歩数/消費カロリー・睡眠時間」とシンプル設計。この他にも、服薬時間リマインドの機能を搭載しています。

ウェアラブル血圧計は、オムロンの専用アプリを連携させれば、血圧・脈拍・活動・睡眠・体重などヘルスケア関連のデータをスマホで管理できます。

ウェアラブル血圧計の測定方法はオシロメトリック法で、対応する手首サイズは16~19cmです。使用可能時間は1回の満充電で約48時間となります。サイズ/重さはφ48×14Hmm /約115g。実勢価格は87,780円です。(文/馬塲言葉)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。