ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ゼンショーのスーパー「アタック」は野菜が安い

安さをウリにするスーパーは以前から存在していましたが、昨今の物価上昇により価格差がより顕著になってきました。売っている商品が同じなら、格安スーパーを利用しない手はありません。そして、お得に野菜を買うならゼンショーが経営する格安スーパーの「アタック」は外せません。詳しく見ていきましょう。


ゼンショーのスーパー「アタック」は野菜が安い

ゼンショーのスーパーは常時100円前後

格安スーパーの「アタック」は、すき家やはま寿司などでおなじみのゼンショーグループが経営。小さなローカルスーパーな佇まいながら、実力はホンモノです。常時100円前後の価格をキープしています。母体がゼンショーと知れば、その安さにも納得です。

アタックの本店は東京都江戸川区にあり、店頭から怒涛の野菜攻め。東京・千葉に19店舗を展開していますが、どの店舗も下町の八百屋さんのような雰囲気があります。

アタックでは野菜のほかには「御来店感謝品」コーナーに注目です。日替わりで対象商品が変わり、市場価格の半額ほどでゲットできます。立石店では毎日3品ほどを、御来店感謝品として放出。調査時はペプシコーラ2Lが108円でした。


ゼンショーのスーパーの野菜棚に99円

アタックの御来店感謝品は、チラシサイトの「トクバイ」で事前にチェック可能です。目当ての商品が対象になったら、多少なら電車賃をかけてでも向かう価値があるかもしれません。

ゼンショーが経営する格安スーパー・アタックの店頭を見てみると、野菜棚には「99円」と書かれた値札が並びます。まるで10年前にタイムスリップしたかのような価格設定。新鮮さもバッチリです。

アタック来店の際は、赤く「今日はコレ!」と書かれた商品を購入すれば間違いありません。取材日はキャベツ1玉が108円。全国平均でも200円近くはしていたので驚きです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。


目次