ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1日2200円で乗り捨てOKの格安レンタカーとは?

大手レンタカー会社には、借りる営業所と返す営業所が違ってもOKな「乗り捨て」サービスがあります。羽田空港でクルマを借りて成田空港で返すなど使いこなすと便利なサービスですが、その分手数料がかかるのが一般的です。ところが、乗り捨てOKで逆に料金が格安になるレンタカーがあるのでした。


1日2200円で乗り捨てOKの格安レンタカーとは?

片道GO!は車種に関係なく1日2200円

乗り捨て限定でレンタカーを格安料金で借りられるのが、トヨタレンタカーが実施中の区間限定特別料金の「片道GO!」です。料金は車種に関係なく、24時間なら2200円、48時間なら4400円になります。トヨタレンタカーは軽自動車でも通常料金が24時間7150円なので、まさに格安です。

ただし、利用条件が特殊なため、いつでも借りられるレンタカーではありません。まず、出発する営業所と出発日が指定されていて、返却する営業所も東京エリア・福岡エリアと決められています。車種も選ぶどころか借りる車のナンバーまで指定され、その1台に予約が入ると受け付け終了です。

というのも、片道GO!を利用するドライバーは、トヨタレンタカーが乗り捨てでレンタルした自動車を、その自動車がもともとあった営業所へ返す役目を果たすからです。

片道GO!はレンタカー利用者が戻す

レンタカーを乗り捨てで貸し出した場合、通常はレンタカー会社の職員や委託先などが元の営業所まで戻しています。乗り捨て料金は距離が離れるほど高くなり、トヨタレンタカーの場合で東京都内~大阪府内の乗り捨て料金は3万5750円と高額です。

とはいえ、乗り捨てサービスはレンタカー会社から見ると手数料を受け取るとはいえ、元の営業所に自動車が戻るまではレンタカーとして貸し出せないため、無駄な時間ともいえます。

そこで、片道GO!では自動車を戻す作業をレンタカー利用者に肩代わりしてもらう代わりに、利用料金を激安に設定しているのです。このため、片道GO!が利用できるのは乗り捨てが行われた場合に限られ、直前まで予約はできません。

トヨタレンタカーの特設サイトでは、利用可能な営業所と車種が毎日更新。タイミング次第では、大型SUVも激安で借りることができます。

■「レンタカー」おすすめ記事
レンタカーならオービスが光っても逃げられる?
レンタカーの駐車違反は警察に出頭した方が得?

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事