ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最高時速15キロ「LUUP」電動キックボードで実走

電動キックボードに実際に乗ったことがある人はまだ少ないでしょう。小さなタイヤはバランスが取りにくく、直立した状態で運転する感覚も最初は戸惑うはずです。もし、将来的に電動キックボードを所有したいと考えているならば、まずはレンタルサービスで試し乗りしてみましょう。電動キックボードレンタル「LUUP」で実走してみました。


最高時速15キロ「LUUP」電動キックボードで実走

LUUPの電動キックボードの利用手順

どんなにアクセルをひねっても、ハイペースなランニングほどの時速15kmまで。初めての運転でも試しやすい電動キックボードレンタルサービスが「LUUP」です。

2022年4月時点で特例電動キックボードに指定されており、ヘルメット不要で走行できる気軽さもあります。ただし、車体が重く小回りが効かない点は要注意。扱いに少々難儀するかもしれません。

LUUPを利用するには免許証の登録と、交通ルールに関するテストの全問正解が必須。何回間違ってもいいので、焦らずにしっかり覚えましょう。

登録が済むと、自分の周りの貸し出しポートが表示される仕組みです。車体にはQRコードが貼られており、これをアプリで読み込むと自動で電源オン。これだけで電動キックボードで走り出せます。

電動キックボードは、自転車マークなどが描かれた路側帯を走行するのが基本。体に触れる箇所がなく、ペダルをこがなくていいので爽快感があります。今がちょうど電動キックボードに良い季節でしょう。

LUUPの電動キックボードは350Wパワー

実際にLUUPの電動キックボードで走行してみると、急こう配の坂でも350Wのパワーで苦にせず登り切りました。意外に頼もしいパワーを発揮するのです。減点ポイントはハンドル操舵角の狭さ。緊急回避には難がありそうです。

自転車のシェアサービスは、対象エリアをまたいでの利用が可能ですが、電動キックボードはNG。実証実験などの関係上、利用できる範囲が制限されているのです。

また、LUUPでは事故防止のため幹線道路の走行も厳禁。スマホの位置情報を監視しており、対象エリアに近づくとプッシュ通知で警告されます。実際、大型の国道などに差し掛かると、事故防止のため「歩道を手押し」の指示が届きました。

LUUPの電動キックボードの最高速度は15km/h、定格出力は350Wです。実寸サイズは130W×119H×52Dcmとなっています。利用料金は基本50円+15円/1分。対象エリアは東京・大阪です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。