ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コムテックの夜向けドラレコ「HDR965GW」の実力

夜の交通トラブルは目撃者が少なく、ドラレコが唯一の証拠となることも多くあります。昼間なら1万円台の機種でもそこそこ撮れますが、夜はドラレコの真の実力が問われるところ。価格はちょい高めになりますが、夜に強いドラレコを選びたいところでしょう。コムテックの夜向けドラレコ「HDR965GW」を詳しく見ていきます。


コムテックの夜向けドラレコ「HDR965GW」の実力

HDR965GWはSTARVISと同等の撮像素子

STARVISを搭載するコムテックのZDRシリーズに比べると、非搭載のHDRシリーズは夜に弱いのでは?と思いきや、「HDR965GW」はSTARVISと同等の撮像素子を使用した、夜間を意識したモデルに仕上がっています。

フロントカメラは1/2.7型、リアカメラは1/2.8型と比較的大型の撮像素子を使用するとともに、リアカメラにはブライトナイトビジョンを搭載し、スペックを抑えがちな後方の撮影も抜かりなく行えます。

夜間のドラレコ映像を確認してみると、他機に比べるとこってりとした画質ですが、コントラストが高く精細感があって確認しやすい印象。リアカメラの映像も同様にこってりめです。

HDR965GWは前後ともレンズ画角が広い

HDR965GWは前後ともレンズの画角が広く、ベタ付した大型トラックも余裕で収まっています。また、日中のドラレコ映像を確認すると、夜ほどこってり感は気にならず、精細感もあって確認しやすい画質。HDRの動作については、STARVIS搭載機と比べても遜色ないものでした。

HDR965GWの保存形式はAVIで、記録メディアはmicroSDカード32GBです。フロントカメラの解像度は1980×1080ドット/27.5fpsで、画角は対角168度。サイズ/重さは90W×50H×26.8Dmm/119gです。

リアカメラの解像度は1280×720ドット/28fpsで、画角は対角158度。サイズ/重さは61W×25.5H×23.6Dmm/38gとなります。実勢価格は25,600円です。(文/星智徳)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。