ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

DRV-MR570は業界トップクラスF1.8の明るいレンズ

2022年1月に発売されたケンウッドの「DRV-MR570」は、レンズの面からアプローチすることで、夜に強いドラレコに仕上げたモデル。撮像素子は前後カメラともにソニー製のSTARVIS(1/2.8型・207万画素)を採用していて、レンズのF値は1.8。より多くの光を取り込んで、夜間でも明るく撮影できます。


DRV-MR570は業界トップクラスF1.8の明るいレンズ

DRV-MR570の映像コントラスト控えめ

DRV-MR570は本体下部には大きめの録画ボタンを備えていて、手動録画(緊急イチ押し録画)のしやすさにも配慮。本体の作りの良さに、ケンウッドらしさを感じました。

実際の夜間に撮影したDRV-MR570のドラレコ映像は、コントラストが控えめでパキッとした印象はありませんが、シャドー部の階調がよく残っていて照明されていない約230m先の管制塔もしっかり見えています。

また、街灯がほぼ存在しない道でもヘッドライトの明かりさえあれば、十分実用となる画像が記録されました。リアカメラも画質の傾向は一緒ですが、出荷時設定のままだと映像がやや暗めかもしれません。

DRV-MR570の映像は明るめの仕上がり

昼間に撮影したDRV-MR570のドラレコ映像は、フロントガラスの映り込みも相まって、明るめの仕上がりになりましたが、シャドー部の確認をしやすい印象。HDR効果は、トンネル出口での白飛びからの回復がやや遅いように感じられ、車両が確認できない時間が他機種より長い傾向にありました。

DRV-MR570の保存形式はMP4で、記録メディアはmicroSDカード128GBです。フロントカメラの解像度は1980×1080ドット/27.5fpsで、画角は対角163度。サイズ/重さは67W×65H×33.8Dmm/95gです。

リアカメラの解像度は1980×1080ドット/27.5fpsで、画角は対角163度となります。サイズ/重さは60W×25H×28.5Dmm/28g。実勢価格は27,632円です。(文/星智徳)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。