ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC割引プラン「ウィンターパス2023」が発売中

例年より遅れたものの、11月下旬には北日本各地から初雪の便りが届き始め、スキー・スノボシーズンが近づいてきました。それに合わせ、NEXCO東日本はスキー場への往復がおトクになるETC割引プランを発売。プランによっては、片道がETC休日割引になるケースでも割安で高速道路をドライブすることができます。


ETC割引プラン「ウィンターパス2023」が発売中

ウィンターパス2023はETC割引プラン

NEXCO東日本は、2022年12月2日~2023年4月3日(12月28日~1月4日を除く)の連続3日間で使用可能なETC限定往復プラン「ウィンターパス2023」を発売中です。ウィンターパスを利用可能な車種区分は「軽・二輪等」「普通車」の2種類で、大型車等は対象外となります。

ウィンターパス2023は、首都圏・新潟圏・仙台圏とスキー場が営業するエリアとの1往復に利用可能なプランです。首都圏発着の場合、対象のスキー場営業エリアは「菅平・軽井沢」「白馬・志賀・妙高」「湯沢・沼田・水上」「那須・塩原」「猪苗代・磐梯」「蔵王」の6エリアとなります。

また、新潟圏発着については「白馬・滋賀・妙高」「湯沢」「猪苗代・磐梯」が、仙台圏発着は「猪苗代・磐梯」「夏油」「安比・八幡平・雫石・田沢湖」がそれぞれ対象エリアです。

ウィンターパス2023にETC休日割引適用

ウィンターパス2023の購入は、NEXCO東日本のWebサイト「ドラぷら」内にある「ドラ割」コーナーから利用日を指定して申し込みます。なお、ウィンターパス2023の購入はNEXCO東日本の対象路線へ入る前に申し込む必要があり、出発ICを通過後の購入では割引対象となりません。

首都圏発着のウィンターパス2023で、おトク度が高いのが蔵王エリアとの往復になります。例えば、東京都心部から国内屈指の滑走エリアを誇る山形蔵王温泉スキー場へ向かう場合、川口JCTから山形蔵王温泉スキー場の最寄りIC・山形蔵王ICまでの平日片道料金は普通車で7990円です。

一方、ウィンターパス2023を利用した場合、普通車で往復1万600円となり、ウィンターパス2023利用時の方が5380円割安になります。また、金曜日に出発し日曜日に帰着するなど片道がETC休日割引適用のケースであっても、普通車での往復は1万3850円。ウィンターパス2023利用のほうが3250円おトクです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。