ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

前後左右カバーする最新ドラレコ「DRV-C770R」

JVCケンウッドが「ケンウッド」ブランドとして販売しているドライブレコーダーが「DRV」シリーズ。デジタルルームミラー型や前後2カメラを搭載したモデル、そして360度カメラを搭載したモデルなど、多彩なラインアップが魅力です。その最新機種の360度カメラ搭載の2カメラモデル「DRV-C770R」を見ていきましょう。


前後左右カバーする最新ドラレコDRV-C770R映像

DRV-C770Rは暗所でも鮮明映像を記録

JVCケンウッドの最新機種「DRV-C770R」は、フロントウイドウに設置する360度カメラが前方・左右・車内を押さえつつ、リアカメラが後方の映像をカバーする2カメラモデルのドラレコです。

高感度CMOSセンサー「STARVIS」搭載で、夜間やトンネル内といった暗所でも鮮明な映像を記録。前後カメラにHDRを備え、明暗差の激しい場所でも白飛びや黒潰れを抑制してくれます。

前後左右をカバーする「DRV-C770R」の360度映像をチェックしましょう。曇り空の夕方、街灯の多い街中を走行しました。HDRが確実に機能し、ヘッドライトによる白飛びなども抑えられています。

DRV-C770Rは運転席と助手席も記録する

DRV-C770Rは前方はもちろん、運転席と助手席も画角から切れることなく1つのカメラで記録できます。垂直視野角240度で、30m前方の信号も映像に収められていました。

ただし、切り出しの映像になるため、一般的なフロントカメラのドライブレコーダーに比べれば画質は劣ります。しかし、それでも事故やトラブル時に証拠映像としては十分なレベルでしょう。リアカメラはフルHD画質なので、後続車のナンバーもバッチリ記録されていました。

DRV-C770Rのサイズ/重さはメインカメラ部が74W×86.7H×31.2Dmm/139g、リアカメラ部が60W×25H×28.5Dmm/28gとなります。実勢価格は40,480円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。