ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ツインシュークリームの具材が多いコンビニは?

コンビニスイーツの充実ぶりが止まりません。各チェーンとも力を入れていて、日々新しい商品が登場するなか、根強い人気でコンビニの定番スイーツとなっているのが、カスタードとホイップが中に詰まった「ツインシュークリーム」です。コンビニのツインシュークリームの気になるクリームの量を比較してみました。


ツインシュークリームの具材が多いコンビニは?

ツインシューの具はセブンがダントツ

セブン-イレブンのツインシュー「ダブルクリームのカスタード&ホイップシュー」の価格は151円です。総重量は112gで、具材の量は73gでした。具材の割合は「65.2%」となりました。

セブンのツインシューに空洞はあまり見られず、ホイップとカスタードの比率はほぼ2:1。全体的なクリーム量もツインシューではダントツトップなので、かじった時の“飛び出し”に注意。ツインシュー評価は「〇」です。

ファミリーマートのツインシュー「たっぷりクリームのダブルシュー」の価格は150円です。総重量は101gで、具材の量は61gでした。具材の割合は「60.4%」となります。

ツインシューはローソンで空洞目立つ

ファミマのツインシューは、パッケージ写真とは異なり内壁にカスタードが塗られ、中央にホイップが鎮座するつくり。どこからかじっても、ホイップとカスタードに遭遇するツインシュー設計です。ツインシュー評価は「△」です。

ローソンのツインシュー「大きなツインシュー」の価格は125円です。総重量は111gで、具材の量は58gでした。具材の割合は「52.3%」という結果です。

ローソンのツインシューは、大きな空洞が目立ち、総重量の割にクリームの量自体も最も少ないという結果。他よりカスタードの粘度が抑えめなツインシューので、あっさり食べたい人向けかもしれません。ツインシュー評価は「×」です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。