ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高精度ニッパーならICの足もパチパチと切断可能

電子工作好きが愛用しているのが、高精度ニッパー「PP60-125」です。刃が欠けたり消耗してきたら、毎度同じ物に買い換えながら長年使用しているほどです。ニッパーにしては価格は少々お高めですが、切れ味が良いのでハンダ付け後に部品の足をカットする時でも、切った足の切れ端が飛んで行くこともほとんどありません。


高精度ニッパーならICの足もパチパチと切断可能

PP60-125は切り残しなく美しくカット

フジ矢の高精度ニッパー「プロテックニッパPP60-125」は安物と違い、刃先の接触面が平らなため切断部を根元から切り残しなく美しくカット可能です。

また、刃先が細く鋭いので、ICピッチ(2.54mm)で並ぶ部品の切断はもとより、表面実装ICの除去作業でも1.25mmピッチまでならハンダごてを使わず、足をパチパチと切って対応できます。

使い込んでいくと根元の戻りバネが緩くなってくることがありますが、なんと「替えバネ」が補修部品として入手可能。ちなみに、爪切りとしても使えます。鋭い切れ味は美容用の超高級品レベルかもしれません。

PP60-125と安価なニッパーの切断面

実際、PP60-125と安価なニッパーの切断面を比べてみました。安物は引き裂かれているように見えるのに対し、PP60-125はキレイにカットできているのがわかります。

メーカー独自開発の研磨技術である「マイクロミラーブレード」により、刃部は高精度に研がれています。1.27mmピッチICの足も、ハンダごてを使わずにパチパチと直接切断できました。

PP60-125の形状はラウンド刃で、長さ/重さは123mm/70gです。切断能力は鉄線φ1.2mm、銅線φ2.0mmとなっています。実勢価格は2,560円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。