ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

DIY

ダイソーLED電球のチップを混ぜて中間色に改造

一般的に市販のLED電球は、電球色と昼光色(昼白色)の2種類があります。その中間色である温白色の電球も最近では見かけるようになりましたが、ダイソーLED電球ではまだ取り扱いがないようです。そこ[…続きを読む]

ゲームボーイカラー改造で大画面テレビでプレイ

1998年発売のゲームボーイカラーは、カラー表示のゲームが単3形乾電池×2本で約20時間駆動という初代ゲームボーイの上位互換といえる携帯ゲーム機でした。しかし、TFT反射型液晶は視認性が悪く、[…続きを読む]

ダイソーLEDライト単4×3本を「1本」にする改造

ダイソーの「マルチアングルマグネットライト」は、回転するハンドルにネオジム磁石が付いており、鉄部に固定して使える小型ライト。価格は110円です。6個のCOBチップが単4形乾電池×3本で光るので[…続きを読む]

ハンダごては斜めカットのコテ先で効率アップ!

電子工作の必携工具が「ハンダごて」です。一般的なハンダごてのコテ先は、円錐型のものがほとんど。上級者でもこの形状のコテ先を使っている人は多いでしょう。しかし、円柱型を斜めにカットした形状のコテ[…続きを読む]

初代3DSの上液晶パネル交換はやや難易度が高い

発売から10年の時を経た初代ニンテンドー3DSは不具合も多数…。当時は革新的だった3D表示も経年劣化で機能しなくなってしまっているものもあります。一方で、ゲーム機の互換パーツは、最新ハードから[…続きを読む]

初代ゲームボーイをIPS液晶でカラー化する方法

STN反射式モノクロ液晶を採用している初代ゲームボーイは、バックライトが非搭載。視認性は高いものの、光源のある明るい場所でしかプレイできません。ゲームボーイ愛好家の間では、長らくフロントライト[…続きを読む]



マキタそっくりで価格は1/5のインパクトレンチ

AliExpressやBanggoodなどで展開している、格安工具ブランドの「Drillpro」。マキタを彷彿とさせるカラーリングで、特にインパクトレンチは「TW284D」にそっくり。それでい[…続きを読む]

片手操作の「ハンドヘルド型ハンダごて」が安い

大量にハンダ付けをする際にネックとなるのが、こて・ハンダ・部品の扱いです。利き手でハンダごてを持ち、もう片方の手とアシストツールでハンダと部品を扱うわけですが、これだとハンダ付けをする度に持ち[…続きを読む]

いたずら防止ネジ対応のドライバーセットの中身

分解されたり盗難されるリスクを軽減するためのネジが「いたずら防止ネジ」。ネジ穴が特殊形状をしているため、普通のプラスドライバーでは取り外せず、専用の工具が必要になります。代表的ないたずら防止ネ[…続きを読む]

マキタ互換バッテリーの内部をチェックした結果

電動工具といえば「マキタ」。コンパクトモデルの10.8V/1.3Ahの互換バッテリーが安価で販売されています。そこで、マキタの互換バッテリーの内部構造を純正品と比較してみました。3千円ほどの価[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]