ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

FT-M300Dは最新モービル機だけに物足りない印象

八重洲無線の「FT-M300D」は、2020年に発売された最新のモービル機です。エアーバンドの2波同時受信は、ヤエスの伝統を受け継いだVHF帯とUHF帯のフルカバー仕様。自由な組合わせで受信できます。最新モービル機であるFT-M300Dのエアーバンド受信性能を詳しく見ていきましょう。


FT-M300Dは最新モービル機だけに物足りない印象

FT-M300Dは感度が周波数により乱高下

エアーバンド全域の2波同時受信が可能なFT-M300Dですが、肝心の感度は周波数によって乱高下。VHF帯はまだしも、UHF帯225~320MHzの実用性は相当厳しいものがありました。

ハンディ機で受信できている300MHz帯が、スケルチを開放しても受信できないケースも…。最新モービル機だけに物足りない印象です。

スキャン速度は平均値の毎秒13.1チャンネルよりも速いのですが、FTMシリーズの悪しき伝統、バンクが無いため活かし切れません。

FT-M300Dはすべてが物足りない印象

FT-M300Dには新たにmicroSDによる録音機能が搭載されました。しかし、これは音声のみで受信データは記録されないICレコーダー機能に留まっています。

受信データなどが記録されないのは残念。エアーバンドの受信では、すべてが物足りない印象です。ディスプレイはドットマトリックス方式で、サイズは41W×30H㎜となります。

FT-M300Dの発売日は2020年6月。本体サイズ/重さは139W×42H×132D㎜/970gです。コントローラーサイズ/重さは139W×53H×24D㎜/127g。通常のメモリー数は999チャンネルで、バンク構成は999チャンネル×1バンクとなります。実勢価格は39,900円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。